貸切バスの達人が教えるもしもの時にあると安心なドラレコ!貸切バスでは設置が義務化されている

貸切バスの達人
大勢の人を運ぶ貸切バスではより安全な運転が求められますが、それでも予期せぬ重大な事故を招くこともあります。もし事故やトラブルが発生した場合、事故の原因を解明できる有力な証拠となるのは、事故当時の状況を映像に残せるドラレコです。今では貸切バスでも設置が義務化されていることをご存知でしたか?今回は意外と知られていないドラレコ設置のメリットや貸切バスで義務化された理由などをご紹介しましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1設置が増えているドラレコとは?

ドラレコ

ドラレコとは、ドライブレコーダーの略称です。
ドライブレコーダーは、交通事故が起こった際に自動車の前方映像や音声、位置情報、ブレーキ、方向指示器の捜査などを全て記録する車載カメラ装置のことを指します。
たくさんの種類がありますが、大きく分けると業務用のドラレコと自家用のドラレコの2つがあります。
まず、業務用は、タクシーやバスなど業務用の車両に取りつけことを目的としたドラレコです。
常に録画機能が働いており、走行距離なども記録されています。
自家用のドラレコは、主に事故発生時の記録することが目的です。
具体的には、車両の衝突や急ブレーキなどで車に衝撃が加わると、自動的に衝撃前後の映像や音声、時刻などを記録します。
自家用は業務用よりも記録項目が少ないため安価で購入できますが、最近では業務用と同様に常時録画できる自家用レコーダーも増えています。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2自動車にドラレコを導入するメリット

安全

自動車にドラレコを導入すると、事故現場の情報を記録できるので自己防衛につながることが大きなメリットに挙げられます。
交通事故は目撃者が誰もいない場所やシチュエーションで起こるケースも少なくありません。
車両同士の衝突の場合、相手からぶつかってきたにも関わらず嘘の証言をされたり、わざと車をぶつけて慰謝料を請求する悪質な業者もいたりします。
しかし、ドラレコがあればその場の信号状況や周囲の様子、当て逃げされた場合は相手の車の情報も記録しているため、証拠映像を提出することで事故の後処理をスムーズに行えます。
煽り運転の被害なども増えてきた最近では、運転者を守るため、被害を最小限に抑えるためにもドラレコの設置者が増えてきたことは納得できるでしょう。
また、それ以外にも、急ブレーキや軽い衝突などをドラレコは記録してくれるので、自分自身が危険な運転をしていないか客観的に把握でき、安全運転への意識を高められます。
業務車両へ企業がドラレコを設置する場合も、常に自分の運転状況が録画されているという意識を持たせることで、危険運転を防止する効果があると言えるでしょう。
録画された映像を危険予測訓練や運転指導にも応用して使用できます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3貸切バスでもドラレコの導入が義務化

以前は貸切バスへのドラレコ導入は推奨されてはいたものの、義務ではありませんでした。
そのため貸切バスへのドラレコ設置の普及率は約2割程度と低かったのですが、現在では貸切バスでもすべての車両にドラレコの導入は国土交通省から義務化されています。
具体的には、貸切バスの新車に対しては2017年12月1日からドラレコの装着が義務付けられており、既存の登録車に対しては2019年12月1日から装着が義務付けられています。
それに伴い、設置されたドラレコの記録に基づいたドライバーへの指導および監督も合わせて義務付けられています。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4貸切バスでドラレコ設置が義務化された背景

貸切バスにドラレコの設置が義務化された背景には、2016年1月に起こった軽井沢スキーバス転落事故の存在があります。
軽井沢スキーバス転落事故では、定員45人の大型貸切バスがガードレールをなぎ倒して道路脇に転落し、多くの死亡者、負傷者を出しました。
事故の原因は速度の出し過ぎによる運転ミスと推察されていますが、事故を起こした貸切バスにドラレコが搭載されていなかったため、事故原因の詳細な解明は難しいものとなりました。
当時は、中小バス事業者を対象としたドラレコ導入補助を行っていたにも関わらず、貸切バス全体の2割程度しかドラレコ設置の普及は進んでいませんでした。
乗降客とのトラブルや強盗被害が比較的多いタクシーや路線バスでは進んでいたドラレコ導入ですが、事故頻度が比較的少なく、強盗被害もほとんどなかった貸切バスでは、すぐに設置する必要性は低いと判断されていたためと考えられます。
しかし、軽井沢の事故を受け、国土交通省の対策委員会はバス事業者に全ての貸切バスにドラレコの設置を義務付けることを決めました。
また、ドラレコの映像に基づきバス運転手に指導や監督を行うことも合わせて義務化されました。
貸切バスにドラレコの設置が義務化されることで、以前は難しいとされていたドライバーの不適切な運転への指導も可能になったと言えるでしょう。
ドラレコで正確な記録を残すことで、実質的に法令を遵守した労務管理や、より高度な運行管理が出来るようになりました。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント5貸切バスを選び時はセーフティバスマークに注目!

セーフティバスマーク

貸切バスを選ぶ際には、「貸切バス事業者安全性評価制度(セーフティバス)」も良い基準となります。
貸切バス事業者安全性評価制度とは、各バス会社からの申請に基づき、公益社団法人日本バス協会が安全への取り組み状況について行っている評価認定制度です。
認定は日本バス協会と有識者、国土交通省、日本バス協会の認定委員8人が所属している「安全性評価認定委員会」によって行われています。
安全性評価認定委員会から安全への取り組みが優良であると認定されたバス会社は、「SAFETY BUS(セーフティバス)」マークをバスに表示できる仕組みになっています。
初申請時は「1つ星」から始まり、2年の有効期間内に更新手続きを行います。
取り組みがその期間内も優良と判断されれば「1つ星」から「2つ星」にランクアップし、さらに2年後の更新時に優良と判断されれば「3つ星」のセーフティバスマークを表示できます。
3つ星が最高ランクですが、その後も安全対策が優良と認められなければランクダウンや認定取り消しもその都度行われます。
セーフティバスはドラレコの導入など貸切バスの安全対策への取り組みを明示して評価する制度であり、安全なバス会社を選ぶ指針の1つとしても活用できるシステムです。
貸切バス選びに悩んだ際には、セーフティバスマークを参考にすると安全性の高い貸切バスが選べるでしょう。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop