貸切バスの達人が教える命を守るシートベルト!貸切バスでは着用義務があるのか

貸切バスの達人
バスへ乗車する際には、事故が起きてしまった時に負傷を軽減するためのシートベルト着用が義務付けられています。
ただ、同じ車でも路線バスにシートベルトはないので、着用できません。
では、バスでも団体旅行や合宿などで利用される貸切バスにシートベルトはあるのか、またある場合は着用しなければならないのでしょうか?
貸切バスを安全に利用するためにも、シートベルトの必要性や未装着での罰則について確認していきましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1高速バスや貸切バスではシートベルトを着用しよう

シートベルト

シートベルトは体を座席に拘束することで、急なストップや衝突により座席の外へ投げ出されて怪我を負うリスクを減らす役割を持つ安全装置です。
仕様は国が定める「道路運送車両の保安基準」により細かく基準が指定されており、着用に関しても道路交通法にて義務としています。
一般自動車は当然ですが、シートベルトの着用に関しては高速バスと貸切バスも義務としているので、乗車する際は必ず着用しましょう。
高速バスや貸切バスの場合、以前は義務化されていませんでした。
しかし、2016年に長野県軽井沢でスキーバスに乗っていた15人が事故により死亡した事故をきっかけに、国土交通省は道路法の改正を行い義務化されたのです。
バス会社は車内アナウンスで着用を催促し、いつでも着用できるようにシートベルトを調えておくという決まりに徹底してバスを運転しています。
国土交通省の調べによれば、シートベルト着用者と未着用者の致死率を比較すると高速道路では9倍、一般道路も含めた場合は14倍も高いと報告されています。
2008年に自動車の後部席のシートベルト着用が義務化されたことで、以前と比べて着用率は6倍となりました。
ところが、軽自動車・小型自動車・普通自動車の話となりますが、2016年に警察庁と日本自動車連盟が全国882ヶ所を対象に行った合同調査によれば、高速道路の着用率は約7割越えに対して一般道の場合は約3割超えと低い結果となっています。
義務化しても、未だにルールが浸透していない状況と言えるのです。
シートベルトにより生死が分けられると言っても過言ではないことを自覚し、たかがシートベルトとは思わずに着用するようにしてください。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2貸切バスのシートベルトの特徴

3点式シートベルト

貸切バスに搭載されているシートベルトには、2点式と3点式が存在します。
2点式は腰にとめるタイプで、3点式は一般自動車と同じくベルトを肩に斜め掛けして腰でとめるタイプです。
大型バスや中型バスは2点式が中心ですが、最前方席は急ブレーキをかけた際の飛び出しの危険に配慮して3点式が採用されています。
一方、マイクロバスは2点式もありますが、2012年以降は法改正により3点式のみ製造されています。
赤ちゃんはチャイルドシートが必須ですが、バスでの装着に関しては緩和されており装着義務がありません。
そもそも一般的に3点式に装着できる仕様がほとんどであるため、2点式では取り付けが困難です。
ただし、貸切バスによっては持参して装着できる場合もあるので、バス会社へ事前に確認しておきましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3路線バスはシートベルトがない理由

路線バス

同じバスでも一般道路を巡回する路線バスにはシートベルトはありません。
法律でも11人以上が乗車する路線バスにシートベルトの設置と装着義務は存在せず、これは義務化の際に路線バスのみ対象外としたためです。
路線バスの場合、多くの人が乗り降りするので座席にシートベルトを設置すると、必然的に乗車人数が限定される上に乗り降りに困難が生じる懸念から義務化に至らなかったとされています。
しかし、事故はどこで起きるか分からないので運転中に座席を移動する行為は避け、立っている人は手すりやつり革をしっかり掴んで安全を確保しましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4一般道でも着用義務あり!気になる罰則は?

一般道

高速バスや貸切バスでシートベルトを付けずに高速道路を走った場合、バス会社が違反と扱われて切符を切られ、行政処分(基礎点1点)を受けることになります。
乗車する人には罰則は発生しないものの、バス会社に迷惑を掛けることとなるので注意しましょう。
一般道の場合、着用義務はあるものの、違反しても切符を切られることはありません。
また、身体上の関係でシートベルトの着用が困難な場合に限り、義務は免除されて違反には当たりません。
バスの事故は高速道路での発生が多く、切符を切られる心配がないのであれば高速道路を走る時だけ着用すれば良いと考える方もいるでしょう。
しかし、高速と一般道に隔てはなくどちらにも着用義務が発生するので、一般道でもシートベルトを付けるようにしてください。
万が一に事故が発生した際、未着用により被害が拡大すると被害者の過失となり、着用している人と比べると補償にも差が生じる可能性があります。
未着用は致死率も非常に高いので、やはりシートベルトの着用は貸切バスを安全に利用するためには重要な行動です。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント5補助席のシートベルト設置も義務化されている

補助席

貸切バスには補助席が設置されている場合もあり、その席でもシートベルトの設置が義務化されています。
義務化は高速バスと貸切バスのシートベルト義務化と同時に改正をされ、現在は補助席にも設置していないとナンバーが交付されません。
なお、現時点で補助席のシートベルトの設置は、ほとんどの大型バスには付いているものの小型バスとマイクロバスには基本的に設置されていない状況です。
中型バスに至っては、そもそも補助席自体がない仕様となっています。
古い車種を除けば大型バスには基本的にシートベルトを利用できますが、それ以外のバスの補助席には設置されていない場合があるので注意しましょう。
法改正後の新型バスでは設置の義務があるので、安心して補助席に座れます。
また、国は平成33年までに今でも運行する旧型バスに対しても補助席にシートベルトを取り付ける方針でいるので、不安なく補助席を利用できる貸切バスは増えていくでしょう。
貸切バスを運転するドライバーは最善の注意を払って安全運転を心掛けているものの、交通事故は突然起きてしまうものです。
シートベルトを着用しなかったことで命を落とす危険性があるので、自家用車に乗る感覚と同じように貸切バスに乗る際も着用して安全を確保してください。
乗車ルールを守り、楽しい貸切バス旅行にしましょう。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop