貸切バスの達人が教えるバスツアーで楽しい同窓会!貸切バスの利用で押さえたいポイント

貸切バスの達人
同窓会は、学生時代の気の置けない仲間が集まれる貴重なタイミングです。そんな同窓会で旅行を楽しみたいと考える方もいるでしょう。同窓会で旅行を楽しみたいと考えているのであれば、貸切バスでの移動がおすすめです。貸切バスを利用すれば、普段よりも同窓会を盛り上げることもできるでしょう。そこで今回は、同窓会で貸切バスを利用する際に知っておきたいポイントについてご紹介していきます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1同窓会での利用に人気のある貸切バス

同窓会

あるアンケートによると、貸切バスを利用する人のおよそ半数が「学生時代からの友人と旅行する時に使いたい」と答えています。
このことからも、貸切バスの利用は同窓会におすすめだということが分かるでしょう。
貸切バスを利用して学生時代からの友人と旅行したいと答えた理由には、貸切バスなら好きなように騒げる、周りを気にせずに自分たちの時間を過ごせるから、貸切バスで学生の頃のようにはしゃぎたいからといったものが挙げられていました。
大人になるとなかなか学生の頃のようにはしゃげなくなってしまうため、貸切バスを使った同窓会の人気が高まっているのです。
久しぶりに会った友人とは話も盛り上がってしまうため、他のお客さんに気を使ってしまうこともあるでしょう。
しかし、貸切バスを利用した同窓会であればそのような心配もなくなるので、気兼ねなくはしゃぐことができます。
いつもの同窓会とは違う雰囲気を楽しむこともできるため、貸切バスを利用することでより楽しい同窓会を実現できるので、ぜひ利用を検討してみてください。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2思い出の映像を共有して盛り上がれる

DVD

貸切バスを利用した同窓会では、学生時代の映像をみんなで共有しながら楽しめるというメリットもあります。
同窓会では昔を懐かしんだ会話でも盛り上がれますが、かつての映像を見ることができればさらに盛り上がるでしょう。
学生時代の姿を映像で振り返ることで、当時の思い出話がもっと盛り上がったり、同窓会に来られなかった人との思いでも振り返ったりできます。
また、社会に出てから全く会うことがなくなってしまった人との会話のきっかけにもなるでしょう。
学生時代の仲間で当時の映像を見るというのは、同窓会でしかできないことの1つです。
そのため、学生時代の映像を楽しめる貸切バスを移動手段として採用するケースも多くなっています。
学生時代の映像を見るという企画は、同窓会ならでの企画の1つなので幹事は真っ先に検討する企画だと言えるでしょう。
学生時代の映像をみんなで共有しながら楽しめるという点においても、貸切バスを利用した同窓会旅行がおすすめです。

ただし、車内では映画のDVDを上映したり、人気のアーティストのCDを流したりすることはできないため、自作した思い出のDVDを流すようにしましょう。
これは、著作権の問題で同窓会の貸切バスで鑑賞する場合は、「一般家庭での鑑賞に限る」という許可の範囲を超えているという判断になってしまうのです。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3冷蔵庫が付いた貸切バスがおすすめ

冷蔵庫

貸切バスを利用した同窓会を開催するのであれば、車内に冷蔵庫が完備された貸切バスの利用をおすすめします。
車内に冷蔵庫があれば、好きな飲み物を冷やしておけるので手荷物を減らせるからです。
冷蔵庫がないと幹事がクーラーボックスを持ち運ばなければいけなくなるので、負担を軽減するという意味でも冷蔵庫は必要となります。
また、冷蔵庫があれば冷えたお酒を飲むこともできます。
冷えていないビールや酎ハイではなく冷えていた方が美味しいと感じるので、大人になってアルコールを飲めるようになった同級生と楽しむためにも、車内に冷蔵庫が完備された貸切バスを選んだ方が良いでしょう。
中にはアルコールは苦手な人もいるので、そのような人への配慮も忘れないようにしてください。
ジュースやお茶など誰でも飲めるような飲み物も冷やしておけば、参加者全員が満足できる同窓会になります。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4同窓会の利用で気にしたいのは料金

料金

同窓会で貸切バスを利用する際に、幹事の多くが料金を重要視しています。
どうして料金を重要視しているのかというと、同窓会であまり高い会費を徴収できないという理由が挙げられます。
会費が高くなってしまうと欠席する人も多くなる可能性が高いため、幹事になった人はできるだけ会費を抑えたいと考えるのです。
冠婚葬祭で貸切バスを利用するのであれば、ある程度見た目を重視するでしょう。
しかし同窓会の場合は、そこまで見た目や大きさを気にする必要はありません。
特別なサービスを付属しなくてもいいから安く抑えたいと考える人もいます。
貸切バスを利用する際に料金をできるだけ安く抑えたいのであれば、あらかじめ欲しい機能やサービスを確認し、貸切バスの料金比較を行ってみましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント5集合場所や解散場所も自由に選べる

集合場所

同窓会で貸切バスを利用するメリットは他にもあります。
それは、集合場所や解散場所も自由に選べるということです。
貸切バスの集合場所や解散場所は基本的に決まっていないため、利用する人の要望に応えてもらえます。
しかし、他の公共交通機関の妨げにならない場所であることや短時間の駐車が可能な場所があること、ある程度広い空間がある場所が確保できることといった条件に当てはまらなければ、集合場所や解散場所として指定できません。
場所によっては事前に許可を取らなければいけない可能性もあるので、希望する集合場所や解散場所の地図をバス会社に提出し、相談しておくようにしましょう。
路上で長時間待機してしまうと、道路交通法で処罰を受ける対象になってしまう可能性もあります。
同窓会で貸切バスを利用するのであれば、集合時間には遅れないように注意するように同窓会の参加者に周知することも大切になります。

また、集合場所や解散場所は複数指定することもできます。
社会人になると住んでいる場所もバラバラになっている可能性も高いため、それぞれの住所からアクセスしやすい集合場所や解散場所をいくつか指定すると参加しやすくなるでしょう。
ただし、集合場所や解散場所は複数指定する場合は、バス会社にもよりますが料金が割高になってしまう可能性もあります。
もしもいくつかの集合場所や解散場所を指定したいのであれば、事前にバス会社に料金がどうなるのか確認しておきましょう。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop