貸切バスの達人が教えるバスの中で盛り上がろう!カラオケが搭載しているバスの種類や注意点

貸切バスの達人
団体旅行や合宿などで活用される貸切バスですが、長距離の移動中で退屈と感じたことがある方は多いのではないでしょうか?せっかくバスを貸し切ったのであれば、移動中もワイワイと盛り上がりたいものです。雑談も良いのですが、せっかくなら貸切バスの中でカラオケや喉自慢大会をするのも1つの案です。今回はカラオケが搭載された貸切バスの特徴や利用時の注意点についてご紹介するので、貸切バスを利用される方は参考にしてみてください。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1カラオケ付きの貸切バスがある!

カラオケ

貸切バスの中にはカラオケ機器が搭載されたものがあり、移動中に好きな曲を歌うことができます。
バスには大型・中型・小型がありますが、基本的にどのサイズのバスにもカラオケ機器を搭載されているケースがほとんどです。
ただし、小型よりもコンパクトで送迎に活用されるマイクロバスは、観光仕様に限定されるので注意しましょう。
マイクは基本的に1台につき1本となっているので、デュエットや複数人で歌いたくて2本以上欲しい場合は事前にバス会社へ要望を出しておくと良いです。
また、カラオケ機器がないマイクロバスの中にはマイクだけ使用できるケースもあります。
貸切バスでは著作権許可を受けていないCDやDVDを車内で流すことは原則禁止しているので、インスト曲やカラオケ音声の車内再生は厳しい可能性が高いです。
音楽を再生できない場合、歌声に自信があればマイクオンリーのアカペラで熱唱して盛り上がる方法も良いでしょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2バスの中でカラオケ大会が楽しめる

カラオケ

カラオケ付きの貸切バスを利用するメリットは、車内でカラオケ大会ができることです。
旅行となると長距離の移動となるので、中には退屈してしまう方もいるでしょう。
参加者と進行を深めるためには全員参加のバスレクリエーションが理想的であり、トランプなどのゲームは近くの人とは楽しめても、全員で楽しむことは困難です。
そうなると全員で参加できるゲームなどが必要ですが、その数も限られるので途中で飽きてしまうというケースも少なくありません。
一方、カラオケならバスの中にいる人全員が楽しめ、歌うことが好きという人も多いので長旅のバスレクリエーションに最適と言えます。
人前で堂々と歌うことが苦手な人も、大勢が熱唱する中に混ざって歌えば恥ずかしさを軽減して楽しめるでしょう。
歌を通じて親睦を深められるので、社員旅行や町内会の慰安旅行などの利用にもおすすめです。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3カラオケ付きの貸切バスを選ぶならサロンタイプ

サロンタイプのバス

カラオケ付き貸切バスならサロンタイプのバスがおすすめです。
サロンタイプのバスとは、後部席が「コの字」に変化できる車両のことを指します。
変更できるサロン席には4席が回転するものと8席が回転するものがあるので、参加者の人数などに合わせて選択しましょう。
テーブルを囲って座るのでバスレクをする際にピッタリであり、カラオケだけではなくサロン席に集まってゲームや雑談、宴会などの活用方法もあります。
一般的にサロンタイプは大型バスとなりますが、バス会社の中には中型と小型バスを用意しているところもあるので確認しておきましょう。
車両にはカラオケ以外にも冷蔵庫や湯沸かし器などの設備を搭載しているバスもあるので、どのような設備が搭載されているのか確認と比較も忘れずに行ってください。
また、トイレが完備されていないバスがほとんどなので、こまめにトイレ休憩を取れるようにバス会社へ申し出ておくと安心です。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4貸切バスでカラオケを使う方法

モニター

貸切バスでカラオケをする際、お店のカラオケとは使い方が違うのかどうか気になる方もいることでしょう。
バス会社や機種によって使い方は少し変わりますが、一般的に貸切バスでカラオケを使う方法をご紹介します。

まずはドライバーにカラオケをしたいと伝えると、モニターを下ろすなどの準備をしてくれます。
車両によってはコード式のマイクとなる場合があります。
カラオケ店ではすでにセットされていますが、貸切バスの場合は前と中間、後ろの3ヶ所の天井部分に差込口があるので、マイクを差し込んで使用できる状態にしましょう。
最近はコードレスタイプのマイクを導入しているバス会社が多いので、コードの有無を事前に確認しておくと安心です。

マイクのセットが完了してモニターがカラオケ画面になっていれば、カラオケを始められます。
カラオケ店と操作は同じなので、リモコンを使ってカラオケ冊子に記載された番号を入力し、歌いたい曲を予約してください。
車両によっては従来のリモコンタイプだけではなく、カラオケ店で主流となっているパットタイプのリモコンを採用している場合もあります。
パットタイプは検索機能もあるので、わざわざ冊子を引用せずとも曲を探せる点が利点です。
便利なパットタイプの搭載も車両ごとに違うので、優先条件とする場合は採用しているバス会社を選びましょう。
なお、座席によってはモニターが見えにくい場合があります。
運転中の車内移動は危険なので、見えにくい場合はスマホなどで歌詞を検索して歌うなど工夫して楽しんでみてください。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント5搭載しているカラオケの機種にご注意

カラオケ機器

貸切バスに搭載されるカラオケ機器の機種は実に様々で、メーカーも違えば機種のタイプも異なるので利用する際は注意しましょう。
基本的に搭載している機種は古い傾向にありますが、最新の通信カラオケを搭載しているケースもあります。
どちらもカラオケができる点では問題ありませんが、機種によって歌える曲数が異なるので注意してください。
最新の通信カラオケであれば話題の最新曲から少しマイナーな曲まで扱っている可能性があります。
一方、少し古い機種はメジャーな曲は入っているものの、新曲などは最新機種と比べて限定的な場合がほとんどです。
そのため、歌える曲がいっぱいあった方が良いと考える場合はバス会社に最新機種を搭載しているか確認しておくと安心です。
実際に貸切バス内でカラオケをする際は、メジャーな曲の選択がおすすめです。
メジャーな曲は誰でも知っているので、大勢が集まる場では盛り上がりやすいという利点を持ちます。
メジャー曲やカラオケの定番曲であれば、搭載している機種が少し古かったケースでも問題なく歌えます。
団体旅行や研修などで長時間移動する際はご紹介したポイントを押さえ、カラオケで楽しく親睦を深めてみてください。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop