貸切バスの達人が教える結婚式の送迎は貸切バスが便利!

貸切バスの達人
結婚式はたくさんのゲストが参加するイベントです。開催する場所によってはそれに合わせた送迎手段が必要になってくるでしょう。しかし、ゲストの数が多くなるほど、一度にたくさんの人を送り迎えができる手段を用意しなくてはなりません。したがって、どの送迎方法が一番良いのか悩んでいる新郎新婦も多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが送迎バスです。ここでは、送迎バスを検討している読者に向けて、送迎バスが必要なケースや送迎バスのメリット、バスの種類、気を付けておきたいことなどについて詳しく解説していきます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1おさえておこう!結婚式に送迎バスが必要なシーン

結婚式

送迎バスが結婚して必要になるシーンは数多くあります。まず挙げられるのが、結婚式会場がアクセスの不便な場所にある場合です。最寄り駅が会場まで距離があったり、電車などの移動手段の本数が少なかったりすると、ゲストが会場まで行くのが困難になります。しかし、送迎バスを最寄り駅に手配すればゲストも利用できるのでアクセスの不便さを解消できます。
次に、挙式と披露宴会場が異なる場合です。結婚式のプランによっては、挙式を教会や神社で行った後、披露宴を料亭やレストランといったように会場を変えることも少なくありません。たとえ会場間の距離が短いとしても、ハイヒールやドレスといった足元が不安定になりがちな装いで来場するゲストにとって歩くことは負担が大きいです。そのため、送迎バスを用意しておいた方が移動はスムーズになります。また、披露宴と二次会の会場が異なる場合も同様です。披露宴後はたくさんの引き出物を持つことになりますから、歩くことは困難です。そのうえ、披露宴中にお酒を飲んで酔っ払っているという人も少なくありません。そのような足元がおぼつかない状態で移動させるのは危険でもあります。送迎バスがあれば、ゲストを安全に次の会場に運ぶことができます。
さらに、親族の人数が多い場合も送迎バスがあると安心です。会場によっては、親族の方に遠くから来てもらうこともあります。しかし、結婚式に参加する親族の人数が多いほど、移動の際に負担をかけることになります。1度に多くの人数を運ぶことができる送迎バスがあれば、1カ所に親族集めて会場まで移動させるということもできるので安心です。また、ゲストの中には遠方から来るという人も少なくありません。そのような人のために送迎バスを用意しておけば、移動も楽になるので感謝されるでしょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2あったら便利!送迎バスのメリット

貸切バス

送迎バスのメリットは複数あります。最初に挙げられるのが、1度に大人数の移動が可能になるということです。会場には数多くの人が集まりますから、安全かつスムーズに移動してもらうには1つにまとめて移動してもらうのが最も効率的だといえるでしょう。しかも、バスの中は自由な環境です。ゲストは運転の心配をする必要もありませんし、好きなように過ごすことができるため会場までリラックスした状態で向かうことができるのです。
次に、ゲストに良い印象を与えることができるというメリットです。結婚式では、慣れていない土地での移動を繰り返すことになります。したがって、ゲストが移動時に混乱するということはよくあります。場合によっては、会場が分からずに結婚式に遅れてしまうということも少なくありません。また、その日の天気によっては雨だったり、雪だったりすると移動がしづらいですから、ゲストはストレスを抱えることになります。しかし、送迎バスがあればこれらのデメリットは解消されます。こういった気の利いた準備をすることができれば、参加するゲストも安心して気楽に会場入りができるので印象も良くなるでしょう。
さらに、当日の移動に関してはバス会社にすべて任せることができるのもメリットの1つです。会場によっては、長い移動が必要になる場合も考えられます。そのため、渋滞に巻き込まれるということもありえますし、土地勘のない場所で運転すれば事故を起こす可能性も高くなります。また、開始時間の伝達ミスなどがあればそれだけゲストに迷惑をかけることにもなりかねません。しかし、移動に関してすべてバス会社に任せれば会場まで安全に送迎してくれますから安心です。
他には、大きな荷物があっても負担なく移動できるのも魅力です。遠方から来る人は、前の日にホテルに泊まって会場入りするということもあります。そのときに、着替えなどの荷物を持って移動することになりますから、手間がかかります。送迎バスがあれば、荷物を置いて移動することができるため負担は少なくなるのです。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3送迎バスの種類はいろいろ!乗車人数で選ぼう

マイクロバス

送迎バスには種類があり、乗車人数も種類によって異なります。したがって、送迎バスを依頼するときは乗車人数で選ぶことが大切です。まず、バスの種類には、マイクロバス、小型バス、中型バス、大型バスの4種類があります。次に乗車人数ですが、小型バスの乗車人数は10〜25名です。中型バスは20〜27名となり、大型バスは25〜50名です。最も小さいマイクロバスは10〜20名となります。なお、金額については移動距離や貸し切りにする時間、結婚式を行うシーズンによって変動するので、複数の会社を比較して決めるのが良いといえるでしょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4結婚式の送迎バスで気を付けておきたいこと

スケジュール

送迎バスを利用するときに気を付けておきたいのが、新郎新婦の代わりに責任者を決めるということです。結婚式当日の新郎新婦は、式の準備のため早い時間に現地入りすることになります。そのため、乗車時の人数確認や何かあったときに対応することはできないので、ドライバーと打ち合わせができる人間を用意しなくてはなりません。さらに、式場やレストラン、披露宴会場に駐車場を確保しておくことも大切です。バスは普通自動車用の駐車場に止めることができません。もし、そのことを知らずに送迎バスを依頼すれば会場で大混乱になります。しっかりとバス専用の駐車場があるかどうか確認して会場選びをするようにしましょう。

式の日にちが決まったらすぐに予約しよう!
送迎バスは、土日や長期休みなどのシーズンになると予約が殺到します。そのため、希望日の1カ月前でも予約がとれない可能性もあるので注意が必要です。送迎バスを利用するのであれば、式の日程が決まり次第すぐに見積りと予約をしておくことが大切になります。結婚式の準備をスムーズに行うためにも、早い段階で行動することをおすすめします。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop