貸切バスの達人が教える便利で安全!合宿には貸切バスがおすすめ

貸切バスの達人
合宿を開催する予定がある場合、どのような手段で合宿先に行くかは迷うものです。人数が多ければ交通費も多くかかりますから、多額の費用は確保できない、できるだけ交通費を節約したいというケースでは電車や新幹線などは使えない場合もあるでしょう。そのような場合に便利なのが貸切バスです。貸切バスは多くの人が一気に移動できるので、合宿などの場合に使うのは最適です。この記事では、合宿に貸切バスが向いている理由や必要な費用などについて解説します。併せて、貸切バスを利用する際の流れについても見ていきましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1合宿にはメリットが多い貸切バスを利用しよう!

合宿

合宿に貸切バスを利用するメリットのひとつ目は、移動がラクということです。貸切バスですから、乗り換えなどをする必要がありません。バスに乗っていれば合宿先まで着くことが可能なので、移動するのが非常にラクなのです。時間通りに一斉移動が可能なこともメリットでしょう。貸切バスは、都合に合わせて集合場所や解散場所、時間などを設定することができます。そのため、集まりやすい場所に設定することで、一斉に集まって移動することができるので、団体行動がスムーズに行えるのです。
プロのドライバーによる運転なので安心感があるのも大きなメリットです。合宿に参加する人が車を持ち寄って運転していくことも可能ですが、運転スキルはやはりプロのドライバーの方が上です。合宿に行く場合には移動時間が長くなるケースも多いでしょうから、プロが運転してくれた方が安全です。また、貸切バスなら飲食やお酒を飲むことも可能です。一般のバスや電車などでは、周りの目や迷惑がかかる場合もありますが貸切バスなら過度に気にする必要はありません。ゆっくりと飲食したり、お酒を飲んだりできるのでリラックスしながら移動することができるでしょう。
貸切バスは利用人数が多ければ費用は安くなります。参加人数が多くて交通費を少しでも抑えたい場合には、貸切バスを利用するメリットは大きくなります。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2知っておきたい!貸切バスにかかる費用

費用

貸切バスにかかる費用は「バス料金」「有料道路料金」「駐車場料金」「運転手宿泊費」の4つがあります。まず、バス料金は利用時間と移動距離によって決まります。バス会社によっても変わりますが、距離や時間が長くなれば長くなるほど料金は高くなります。土日を挟んだ場合には、平日よりも料金が高くなるケースもあるので、利用したいバス会社の料金体系をしっかりと調べてみるといいでしょう。バス料金には、ガソリン代やバス代、運転手の人件費や何かあった場合の保険代が含まれています。そのため、人件費などが別にかかることはないので覚えておきましょう。有料道路を通る場合には、その料金も支払う必要があります。高速道路料金などは貸切バスの利用料金には含まれていませんので、かかった分だけ支払うことになります。
駐車場料金もバスの利用料金には含まれていません。合宿で訪れる先の駐車場が有料の場合には、その料金も支払うことになります。宿泊を伴う合宿の場合には、運転手の宿泊費も負担が必要です。同じ宿泊先かもしくは近隣の宿泊先を手配して費用を負担するのが一般的です。バス会社によってルールが違う場合もあるので、詳しくは利用するバス会社に確認してみることが重要です。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3バスタイプは目的に応じて賢く選ぼう

バスタイプ

貸切バスにはさまざまなタイプがあります。目的に応じて選ぶことで費用の節約などにもつながりますので賢く選びましょう。大型バスはその名の通り、貸切バスの中でも一番大きなタイプです。25〜50人程度の大人数を乗せるのに適しています。人数が多くなればなるほど1人当たりの単価は低くなりますので、人数が多い方がお得に乗ることができます。また、設備が充実しているのも特徴です。大型のトランクがついていますので、荷物が多い合宿にも最適でしょう。冷蔵庫やテレビなどがついている車輛がほとんどですので、合宿先までの距離が長い場合にも便利です。
中型バスは20〜27人程度が乗れるバスです。大型バスが小さくなったというようなバスなので、冷蔵庫やテレビ、トランクといった設備が充実している車輛が多いのが特徴です。座席のスペースが広々しているバスも多いので、ゆったりと乗ることができます。小型バスは10〜25人程度が乗れるバスです。小型バスは小さなトランクやテレビモニターなどがついています。マイクロバスは10〜20人程度が乗れるコンパクトなバスです。一番リーズナブルに借りることができますが、トランクやテレビモニターがついていない車輛も多いので荷物が多い場合には向いていません。
大人数や荷物が多い場合には大型バスを選ぶといいでしょう。大人数ではない、荷物が多くない場合には中型バスや小型バスが向いています。中型・小型バスは大型バスよりも有料道路の料金が安いので、交通費の節約にもなるでしょう。中型・小型バスとマイクロバスは乗せられる人数はあまり変わりません。しかし、設備に大きな違いがあります。中型バスや小型バスにはトランクがありますが、マイクロバスにはついていないケースが多くなっています。そのため、荷物が多くなりがちな合宿の場合には同じ人数でも中型バスや小型バスの方がいいでしょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4貸切バス利用の流れを把握しておこう

利用の流れ

貸切バスを利用するためにはまず、サイトで利用条件に合うバスを検索してください。利用期間や発着地、車種や利用目的を入力してバス会社を検索します。バス会社ではある程度の見積もりを出してもらうことができるので、いくつかのバス会社で比較検討してみるとお得なバス会社がどこなのか知ることができます。条件に合う貸切バスを見つけたら、予約しましょう。電話で予約することも可能ですし、webから予約することも可能です。
予約するためには旅程と人数を確定することが必要になります。人数によって適切なバスの大きさが変わりますから、ある程度確定させておくようにしましょう。バスの定員内であれば人数については当日の増減も可能です。人数が増えることで料金が変わることはありませんが、人が減れば1人当たりの料金は高くなるので注意しましょう。バスの大きさが変わるような人数増加の場合には、あらかじめバス会社に相談する必要があります。車輛の空きがあれば変更可能な場合もありますが、空きがない場合は難しいかもしれません。旅程については、出発日まで余裕があるのなら変更は可能ですが、しっかりと確定させてから申し込んだ方が面倒がなくていいでしょう。
予約が完了したら支払いを済ませます。バス会社によって支払い方法は変わりますが、基本的には銀行振り込みが多いでしょう。予約が確定したらできるだけ早めに支払いを済ませておくことが重要です。支払いを済ませると、当日いよいよ出発です。出発地や時間は自由に決められますから、参加者の集まりやすい場所・時間を指定しておきましょう。

貸切バスの見積りや料金の比較も可能!
バスネゴ」では貸切バスの無料見積りや予約だけでなく、料金の比較をすることができます。合宿で貸切バスを利用したみたい、料金の比較を簡単に行いたいと考えている場合にはバスネゴを利用してみてはどうでしょうか。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop