貸切バスの達人が教える犬と一緒にバスには乗れる?ペット同伴旅行の心得とは

貸切バスの達人
日本の公共交通機関では、犬をはじめとしたペットを乗せる際、さまざまな制約が発生します。しかし、ペットと一緒に旅行に行きたいという人や、やむを得ずペットとバスに乗らなければならないという人もいるでしょう。バス会社やバスの種類によっては、ペットと一緒にバスに乗ることも可能です。ただし、同じバスに乗り合わせた乗客やドライバーに迷惑をかけないためにも、最低限の対策は欠かせません。そこで、ペットとバスに乗るための条件や乗車時のマナーなど、知っておくと便利な知識を紹介します。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1そもそも犬連れでバスには乗れる?

犬

犬や猫などのペットをバスに乗せられるかは、バスの種類やバス会社の規定により異なります。貸切バスの場合は、ペット連れで乗車できる会社が多いです。ただし、ペットを乗せられる場合も、キャリーバッグに入れたり、キャリーバッグから手足を出さないようにしたりなどのルールが設けられている場合があります。また、ペットの分の追加料金についても、バス会社により対応が変わります。追加料金が発生しない場合でも、ペットが車内に出てしまうと、車両のクリーニング代を請求されるケースがあるので注意しましょう。
また、専用のキャリーバッグに入れても、必ずペットを同伴できるとは限りません。どれだけ気を付けていても、ペットの抜け毛やニオイや全く残さずに乗車するのは難しいでしょう。万が一、ペットが乗っていた痕跡が車内に残ってしまうと、同じバスを利用する乗客に迷惑をかけてしまうおそれがあります。人によってはペットの抜け毛が原因で、重大なアレルギー症状を起こす可能性も考えられます。さらに、ペットが車内に出てしまうと、ドライバーの運転を妨げるおそれもあるのです。これらの理由から、乗客の安全を守るために、ペットの乗車を断っているバス会社もあります。ペットの同伴を希望する場合は、あらかじめバス会社に確認しておいたほうが安心です。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2路線バスの場合

路線バス

路線バスにペットと一緒に乗車する場合、専用のキャリーバッグやケースに入っていれば、手回り品として持ち込める場合が多いです。つまり、キャリーバッグに入れる小型犬や猫、小鳥やハムスターのような小動物など、小さな動物なら同伴できるということになります。ただし、手回り品として認められる荷物の大きさや重さは、バス会社により異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。東京都交通局の場合、手回り品として持ち込めるのは、縦・横・高さの合計が100cm以内で、かつ重さ10kg以内の荷物1個までです。
キャリーバッグやキャリーケースの形状や素材については、特に指定はありません。しかし、他の乗客に不快感を与えないよう、ペットを完全に収容できるものを選びましょう。ペット用スリングのように、頭や手足が出てしまうタイプのキャリーバッグは、乗車を断られてしまう可能性が高いです。ペットカートも、バス会社が規定する手回り品のサイズより大きいため、利用できません。また、乗車中にペットが暴れたり、激しく鳴いたりした場合も、途中下車を要求されることがあるので気を付けましょう。
中型犬や大型犬など、キャリーバッグに入れられないサイズの動物は、基本的に路線バスに乗せることはできません。例外として、盲導犬や聴導犬、介助犬などの補助犬は、キャリーバッグに入れなくても乗車できる場合があります。しかし、混雑しやすい時間帯は、補助犬を連れた本人にも周囲の乗客にも迷惑がかかる可能性があるため、事前にバス会社へ連絡をしておきましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3観光バスや貸切バスの場合

>観光バスや貸切バス

観光バスや夜行バスは路線バスとは異なり、ペットの乗車不可としているバス会社がほとんどです。観光バスや夜行バスは路線バスよりも移動距離や乗車時間が長く、乗客やペットに大きな負担がかかってしまいます。動物も体質によっては車酔いを起こす場合があるため、車に乗せるときは細心の注意を払わなければいけません。たとえ乗車前に体調が良くても、車に乗るうちに不規則な揺れや緊張、ストレスにより体調を崩してしまうことがります。自家用車なら外が見えるキャリーバッグや通気性の良いキャリーケースに入れるといった対策も可能です。しかし、バスの中ではそのような対策をとるのも難しくなってしまいます。ペットの健康を守るためにも、長時間バスに乗せるのは避けたほうが無難です。
一方、貸し切りバスではキャリーケースに入れた状態なら同乗できる場合が多いです。しかし、乗車中にキャリーケースから出したり、鳴き声や異臭が他の乗客に不快感を与えたりする場合は、途中下車しなければならない場合はあります。なお、途中下車した場合、乗車券の払い戻しはできません。ただし、バス会社によって対応が異なるため、ペットの同伴を希望する場合は事前にバス会社へ問い合わせておきましょう。また、路線バスと同様、盲導犬や聴導犬、介助犬などの補助犬は乗車できるケースが多いです。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4ペットを連れてバスに乗るときのマナーとは

キャリーケース

ペットとバスに乗る際、さまざまな制限が発生するのは、ペットの鳴き声や体臭、排泄物などが問題となるためです。バスのように不特定多数の人が利用する交通機関では、ペットが苦手な人や荒アレルギーを持っている人が同乗している可能性があります。また、ペットの被毛や羽毛、排泄物によってバスの中が汚れてしまう心配もあるでしょう。他の乗客やバス会社に迷惑をかけないためにも、ペットを連れてバスに乗るときは、十分な対策を行う必要があります。
犬などのペットを連れてバスに乗る場合は、鳴き声を出さないようしつけておきましょう。普段は吠えないペットでも、キャリーに入れると不安で鳴き続けてしまうケースもあります。そのような場合は、飼い主がペットの鳴き声をコントロールできるようになるまで、バスには乗せないほうが良いでしょう。また、バスに乗っている間は、決してキャリーケースやキャリーバッグの外に出してはいけません。たとえ体の大部分がキャリーの中に入っていても、頭や手足が露出していると、乗車を断られてしまうことがあります。
さらに、キャリーバッグの中やペットの体をあらかじめ清潔にしておくことも重要です。被毛や羽毛、排泄物などが飛び散らないよう、キャリーケースやカゴを布などで覆っておくとなお良いでしょう。ここで紹介したのは、あくまでも最低限のマナーです。バス会社によってはさらに細かい規定が設けられている場合もあります。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント5ペットとバスに乗るときにやっておきたいこと

ペットシート

ペットと一緒にバスに乗る際は、途中でペットが酔ったり吐いたりしないよう準備をしておきましょう。食事はバスに乗る2時間前を目安に、早めに済ませておきます。特に、車酔いしやすい体質のペットは、食事をした直後に車に乗ると嘔吐してしまうおそれがあります。逆に、過度な空腹状態でも車酔いをしやすくなるので、食事のタイミングには十分に気を付けましょう。動物病院に行けば、ペット用の酔い止めを処方してもらうこともできます。
バスに乗る直前に排泄を済ませておくことも重要です。乗車中に催してしまわないか心配な場合は、マナーパンツを使用するのも1つの方法です。また、ニオイ対策の一環として、バスに乗る全日にシャンプーをしておくのが望ましいです。しかし、お風呂に入れるのが難しい場合は、お湯で濡らしたタオルで体を拭くだけでも良いでしょう。

マナーを守って楽しい旅を
ペットを連れて旅行に行く際は、同じバスに乗り合わせた乗客や周囲の旅行客に迷惑をかけないようにすることが大切です。事前に十分に対策をしておかないと、自分だけでなくペットにもつらい思いをさせてしまいます。マナーを守りながら、ペットと一緒に快適な旅を楽しみましょう。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop