貸切バスの達人が教える乳幼児をベビーカーに乗せたまま貸切バスに乗車する方法

貸切バスの達人
赤ちゃんを連れてお出かけする時の交通手段は、どうしても制約されてしまいます。やむをえず、貸し切りバスに乗らなければならないこともあるかもしれません。赤ちゃん連れで外出する場合はベビーカーに乗せることが多いですが、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま貸し切りバスに乗車することはできるのでしょうか。この記事では、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたままバスに乗ることができるのか、について解説します。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1ベビーカーに子どもを乗せたまま貸切バスに乗車可能?

子供連れ

貸切バスは鉄道などと違い、ダイレクトに目的地に到着できるため子連れでのお出かけに使うのは便利です。しかし、赤ちゃんをベビーカーに乗せたまま貸し切りバスに乗ることは、基本的にほぼできないと考えておきましょう。それは、バスは鉄道と比較して車両のスペースが狭く、通路も狭いため、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま置いておくスペースの確保が難しいことが一つあります。高速バスなども同様の扱いになります。また、貸切バスにはベビーカーを座席につなぎとめておけるような固定ベルトも設置されていません。そのため、赤ちゃんをベビーカーに乗せたままで貸切バスに乗ると、バスの動きによってベビーカーが移動や転倒してしまう可能性があるため大変危険です。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2ベビーカーに子どもを乗せたまま路線バスに乗車可能?

貸切バス

路線バスの場合、赤ちゃんをベビーカーに乗せたまま利用できるサービスが提供されている場合があります。ただし、すべての路線バスではなく、ノンステップバスやワンステップバス、コミュニティバスなどのように、高低差が少なく乗り降りがしやすくなっているものに限定されていることが多いです。バスの乗り口にベビーカーに子どもを乗せたステッカーが貼ってあるのが目印となります。ただし、そうした場合でも、いつでもベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま利用できるわけではありません。車椅子の人が先に乗車している場合、車椅子が優先になります。後から車椅子の人が乗ってきた場合も同様です。ベビーカーより車椅子が優先であるという考え方になっているからです。ラッシュ時で混雑しているような場合もたたんで利用するように言われることがあるでしょう。赤ちゃんをベビーカーごと乗せられる台数にも制限があり、1車両につき1台と決まっている場合は2台目に乗る人はたたまなければなりません。また、乗務員が危険だと判断した場合もたたまなければなりません。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3パパママ交代で!乳幼児と一緒に貸切バスに乗車する方法

チャイルドシートに関する貸切バスのサービスについて詳しく解説していきます。

貸切バスに赤ちゃんを連れて乗る場合、ベビーカーはバスの側面下部にある荷物室で預かってもらうことになります。そのため、乗車前に赤ちゃんをベビーカーから降ろしてベビーカーをたたみ、車内に持ち込む荷物と預ける荷物を分けておきましょう。パパとママが2人いる場合は、赤ちゃんを抱っこする人とベビーカーをたたむ人など、役割を分担すると良いです。出発の直前になって慌ててベビーカーをたたんだりすると、出発時刻に遅れが生じたりして他のお客さんに迷惑になることがあります。席に着いたら、まず赤ちゃんを抱っこするパパかママがしっかりとシートベルトを締めます。その上から赤ちゃんを抱っこしましょう。安全のためには、抱っこ紐などで赤ちゃんを抱いておく方が安心です。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4乳幼児をベビーカーに乗せたまま路線バスに乗る方法

チャイルドシートに関する貸切バスのサービスについて詳しく解説していきます。

ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま路線バスに乗る場合、まずは乗務員にそのまま乗ることを伝えます。バスの後ろの広いドアから乗りましょう。バスによってはベビーカーの固定ベルトがついている席があります。固定ベルトが無い場合は、乗務員に声をかけると固定ベルトを貸してもらうことが可能です。ベビーカーを進行方向に対して後ろ向きに置いて車輪のストッパーをかけて動かないようにします。固定ベルトでベビーカーをしっかりと固定しましょう。バスの走行中はやむを得ず急ブレーキをかける場合があります。ベビーカーに固定ベルトをしているからといって安心するのではなく、走行中はベビーカーをしっかりと手で押さえておくことが大切です。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント5乳幼児と一緒に貸切バスに乗る際の注意点とは?

バス 座席

赤ちゃん連れで貸切バスに乗る場合、赤ちゃんがバスに乗る月齢制限はありません。しかし、同乗者に迷惑をかけることがないように、赤ちゃんの体調の良い時を選びましょう。1カ月検診が終わっていることが一つの目安となります。貸し切りバスの場合は長時間乗ることになる場合が多いので、座席に座っている時は赤ちゃんを抱っこし続けなければなりません。パパかママが一人で赤ちゃんとお出かけする場合は仕方がありませんが、2人いる場合は休憩などでパーキングエリアに停車した時に、抱っこを代わってもらうと負担が少なくなります。家族や周囲の人全員で協力しながら赤ちゃんを抱っこできれば、それだけ一人にかかる負担が少なくて済みます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント6乳幼児と一緒に路線バスに乗る際の注意点とは?

抱っこ紐やスリング

赤ちゃんを乗せたベビーカーが乗せられる路線バスにはベビーカー用の固定ベルトが備えられていますが、だからといって安心しないようにしましょう。固定ベルトはあくまで補助的な役割を果たすにすぎないので、バスの走行中はベビーカーをしっかり押さえておくことが必要です。また、ベビーカーよりも車椅子が優先というルールがあるため、途中から車椅子の人が乗ってきた場合はベビーカーをたたむように指示される場合があります。赤ちゃん連れで路線バスに乗る際は、もし持っていればたたみやすいコンパクトなベビーカーを使用する方が良いでしょう。バスが混み合っているときもベビーカーはたたまなければならないため、荷物はコンパクトにまとめておき、たたむように指示された際にはすぐに対処できるようにしておくこともポイントです。抱っこをしなければならない場合があることも考慮して、抱っこ紐の携帯は必須です。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント7子どもが小さいと貸切バスへの乗車は負担が大きい

問い合わせ

子どもが小さいうちに貸切バスに乗るのは多くの面で負担が大きく大変です。ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま乗ることはできませんので、基本的に抱っこをして乗ることになります。貸切バスの場合、長距離の移動を伴うことが多く、赤ちゃんの体調が悪くなったりして周りに迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。どうしても仕方がないという場合を除いて、赤ちゃん連れで貸切バスに乗るのはあまり考えない方が良いでしょう。赤ちゃん連れの人に対してどこまで対応してくれるかは、バス会社によって違います。赤ちゃんを連れてバスに乗る場合は、あらかじめ乗る予定のバス会社に赤ちゃん連れであることを告げて相談すると良いです。

ベビーカーで貸切バスには乗れない!周囲の人と協力しながら乗車しよう
貸切バスは赤ちゃんをベビーカーに乗せたままで乗車することはできません。ベビーカーはあらかじめたたんで荷物室に預けて、車内では赤ちゃんを抱っこすることが必要です。赤ちゃん連れで貸切バスに乗る際には、同乗する家族などに協力してもらうことが大切です。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop