貸切バスの達人が教えるレンタル方法は2種類!バスの貸切は運転手付きのほうが良い理由

貸切バスの達人
バスをレンタルするには2つの方法があります。1つが、ミニバスやマイクロバスの車両のみを借りる方法、もう1つが、バスを運転手付きで借りる方法です。運転手付きで借りる場合、用途や人数に合わせて、ミニバスから大型バスまで好きなタイプのバスを選ぶことができます。
ただし、道路運送法第52条によって、運転手なしでもレンタルできる車両は、乗車定員29人以下で、なおかつ、車両長が7m以下である自家用マイクロバスまでと規定されています。自家用マイクロバスより大きな車両のみをレンタルすることは法律違反となるため、マイクロバスよりも大きなバスをレンタルしたいと考えている場合は、運転手付きで借りることが必須となります。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1車両のみか運転手付きか?バスのレンタル方法

マイクロバス 運転手

バスをレンタルするには2つの方法があります。1つが、ミニバスやマイクロバスの車両のみを借りる方法、もう1つが、バスを運転手付きで借りる方法です。運転手付きで借りる場合、用途や人数に合わせて、ミニバスから大型バスまで好きなタイプのバスを選ぶことができます。
ただし、道路運送法第52条によって、運転手なしでもレンタルできる車両は、乗車定員29人以下で、なおかつ、車両長が7m以下である自家用マイクロバスまでと規定されています。自家用マイクロバスより大きな車両のみをレンタルすることは法律違反となるため、マイクロバスよりも大きなバスをレンタルしたいと考えている場合は、運転手付きで借りることが必須となります。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2ミニバスやマイクロバスをレンタルするのに向いているシチュエーション

部活

ミニバスやマイクロバスは定員が11〜20人の場合に適しているサイズのバスです。ミニバスやマイクロバスのレンタルはさまざまなシチュエーションで活用することができますが、特に子ども会や部活、クラブなどの送迎を保護者で行う場合に利用するのがおすすめとなっています。
ある程度の人数の子どもを連れて公共の交通機関を利用すると、ほかの乗客への迷惑にならないようにと保護者が気疲れしてしまうケースは少なくありません。また、荷物が多いからと家庭ごとに自家用車を使用するとなれば、遠征先で保護者の数分の駐車スペースを確保しなければいけなくなります。しかし、レンタルバスなら、バス1台分の駐車スペースさえ用意することができれば大丈夫です。また、子どもたちが移動中におしゃべりを楽しんでも他人に迷惑をかけることはありません。さらに、移動しているときから車内でちょっとしたイベントを開催することができたり、ミーティングを行ったりすることもできます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3運転手付きでマイクロバスをレンタルするのに向いているシチュエーション

結婚式

プロのドライバーに運転を任せることができる運転手付きのミニバスやマイクロバスのレンタルは、冠婚葬祭の送迎時に頼りになります。冠婚葬祭の種類によっては、安全に運転するのが難しい精神状態となっていることも考えられるからです。運転する人にとっても、一緒に乗車する人にとっても、第三者となる運転手に任せた方が安心して乗ることができます。
また、参加者全員で旅行を楽しみたいというときにも運転手付きのレンタルバスはぴったりです。運転している人は、どうしても運転に集中しなければいけなくなります。ほかの参加者が盛り上がっている様子を感じながら1人で黙々と運転しなければならずに寂しい思いをさせてしまうことにもなるでしょう。旅行は参加者全員で思い出を共有できることが1番です。運転を任せることができる運転手付きレンタルバスなら参加者全員が旅の移動中の車中でも目一杯楽しむことができるようになります。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4中型バスや大型バスをレンタルするのに向いているシチュエーション

団体旅行

中型バスや大型バスはレンタルバスの中でもサイズが大きいため、参加者が27〜60名近くと大所帯のときの利用に向いているバスです。また、長距離移動をする場合にも中型バスや大型バスは快適に利用することができます。車内のスペースが広いため、長時間の移動でもゆったりと座れるのでおすすめです。
ほかにも、荷物が多くなる泊りがけの旅行での利用にも適しています。電車とは異なり、個々で荷物を持ち歩く必要がないため、旅の移動が楽になるという点が魅力です。また、人数が多くなり旅の時間が長くなると、移動中に何かしらのトラブルが起こりやすくなるものですが、バスで集団移動するため、切符を紛失したり、電車を乗り間違えたりといったトラブルを防ぐことも可能です。

運転手なしより運転手付きのほうがおすすめな理由1自分で運転しなくて良い

お酒

ミニバスやマイクロバスは車両のみのレンタルをすることもできますが、運転手付きのほうが参加者は楽になります。参加者から運転手を選出する必要がないからです。移動中も運転者に気を遣うことなく、全員で気兼ねなく楽しむことができるようになります。
また、車内での飲酒も可能となります。当然のことながら、法律で禁止されているためお酒を飲んだら運転をすることはできません。自分たちで運転する場合は、交代要員も含めて、飲酒できない人が必ず出てしまいます。せっかくの旅行で好きなお酒も満足に飲めないのでは楽しみも半減してしまうことでしょう。自分で運転しなくても良ければ、お酒を飲むことも、飲んだ後、車内で休むことも可能となります。

運転手なしより運転手付きのほうがおすすめな理由2料金の支払いが楽

料金の支払い

車やバスで移動する場合、駐車場やガソリンスタンド、有料道路など支払いが必要となる場所の利用は意外に多いものです。また、車両をレンタルする場合にはレンタル料金のほかに保険代も別途かかります。運転手なしの場合、駐車場代やガソリン代、保険代、有料道路代などは、利用者本人が支払いの手続きをしなければいけません。そのため、利用するたびに支払いが必要となって手間がかかるものです。しかし、運転手付きの場合であれば、基本的にすべて込みの料金を前払いで済ませることができます。

運転手なしより運転手付きのほうがおすすめな理由3安全

安全

運転者が頻繁にマイクロバスを運転している人なら問題はありません。しかし、たとえマイクロバスの運転に最低限必要とされている中型免許を持っていたとしても、運転に慣れていない人が大きな車を運転することは危険です。慣れない土地での運転で、いつも以上に疲れて、集中力がなくなり事故を起こしてしまうリスクが高まることもあります。また、道に迷ってしまう可能性もあるでしょう。一方、運転の経験が豊富で、普段から運転についての研修などを受けているプロのドライバーなら安全運転で安心感があります。

小さいバスでも運転手付きでレンタルするほうが楽
人数や用途によってレンタルするバスの種類は変わってきます。小さいバスでも、仲間内から選ぶドライバーへの負担や、費用の支払いの手間、安全性などさまざまな面を考えると、運転手付きのほうがおすすめです。レンタルバスに魅力を感じ、使ってみたいと思ったら、運転手付きで見積もりを取って具体的な費用を確認し、用途に合ったバスを選ぶとよいでしょう。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop