貸切バスの達人が教える長時間の乗車はきつい!バス酔いの原因と対策方法

貸切バスの達人
部活動の合宿や社員研修など、貸切バスが活躍するシーンはたくさんあります。しかし貸切バスを利用しようと計画している人の中には、バス酔いが心配という人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、バス酔いの原因と対策方法についてご紹介します。乗り物酔いをしやすい人もそうでない人も事前にしっかり対策をして、快適なバスの旅を楽しみましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1バス酔いがつらい!原因とは

乗り物酔い

バス酔いの原因は主に3つあります。
まず、自律神経の乱れです。運転しているときは酔わないのに、乗客になったときには酔ってしまうという人も多いのではないでしょうか。これには自律神経が影響しています。景色が動いて体が揺れているのに、自分はただ座っているだけというように、脳で処理した情報と行動が一致しないときに自律神経が乱れてしまうのです。それだけでなく、過去に乗り物酔いをして大変な思いをしたというトラウマや、寝不足などによる体調不良も自律神経を乱れさせる一因となります。
次に、視覚や嗅覚への刺激です。自律神経の乱れと同じように、目から入る情報と体で感じる情報にズレがあると乗り物酔いを引き起こします。また、こういった視覚情報だけでなくガソリンの匂いなどの不快な嗅覚情報も乗り物酔いの一因です。
最後に、三半規管への刺激です。内耳にある三半規管は体のバランスを整えるためにあります。ここに不規則な加速や減速の刺激が与えられると、耳で感じる揺れと実際に目に入った情報にズレが生じて脳が混乱してしまうのです。脳に受けた過剰な刺激は自律神経を乱します。そして結果的に乗り物酔いへとつながるのです。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2バス酔いの症状とはどんなもの?

バス酔いをすると、初期症状としてあくびが出たり、唾の分泌量が多くなったり、めまいを起こしたりします。症状が悪化してくると、頭の痛みを感じて冷や汗が出てくることも。そして次第に胃のむかつきを覚え、吐き気をもよおし、顔面蒼白になります。そういった症状が続くと、最終的に嘔吐し脱水症状を引き起こす可能性も高いです。子どもの場合は特に突然口数が減るといった初期症状も見られるため、保護者は注意して見ておくとよいでしょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3バス酔いを予防する方法とは

バス酔い対策

バス酔いを予防するには、バスに乗車する前と乗車したときに、さまざまな予防策を取ることが大切です。
まず、乗車する前日は湯船に浸かって体を休め、良質な睡眠を取るなどの体調を整える努力をしましょう。当日の服装は体を締め付けるようなぴったりとしたシルエットのものは避け、ベルトもすぐに緩められるようにしておきます。満腹だったり空腹だったりしてもバス酔いしやすいため、乗車前の食事は適度な量を心がけましょう。お弁当やお土産など、匂いのきついものを車内に持ち込むのもNGです。香水も避けたほうがよいでしょう。不安な場合は、乗車の30分ほど前に酔い止めの薬を服用するのもひとつの手です。
乗車後は姿勢を正して座り、できるだけ顎を引いて前を向くようにしましょう。目まぐるしく動く横の景色を見るよりも、遠くのあまり動かない景色を見つめることで酔いにくくなります。背もたれに頭を付けて目をつぶり、揺れを感じにくい体制を取ることも効果的です。また、ゲームや読書、スマホの操作は下を向きがちになり、脳に余計な刺激を与えてしまうため避けましょう。休憩スポットでは必ず外へ出たり、窓を開けて外の空気を取り入れるようにしたりと、定期的に気分転換をすることも効果的な予防策です。
なお、乗り物酔いをしやすいという自覚がある場合は酔いにくい座席をはじめから指定しておいてもよいでしょう。運転手の見えるすぐ近くの席だと三半規管や自律神経を刺激しにくいです。また、バスの中央部分の席は揺れが少ないため比較的酔いにくいといえるでしょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4バス酔いしてしまった時の対策は?

バス酔いの初期症状を感じたら、まずはチョコレートや飴、ガムなどを食べて糖分を摂取しましょう。食べることで三半規管が刺激され、血糖値があがって脳の活性化もするため胃のむかつきが収まることがあります。腎臓や肝臓の働きを助ける梅干しや、胃腸の調子を整えるミントも効果的です。それでもだめならば衣服を緩めます。ネクタイやベルトなどは外してしまってもよいでしょう。リラックスし、体をほぐすことに意識を集中させます。また、休憩ポイントでは必ず外に出ましょう。ツライからと車内に残ったままだと余計に気分が悪くなってしまいます。冷たい空気を吸うと気持ちも軽くなるため、冷房のきいたお土産屋さんなどに入るのもよいでしょう。冷たい飲み物を飲んだり、かき氷やアイスクリームなどを口に含んだりするのも効果があります。

それでも気分が悪いままの場合は、潔く寝てしまうとよいです。目を閉じて静かにしているだけでも効果はあります。椅子を倒したり、冷たいタオルを目元に乗せたりしてもよいでしょう。騒音が脳への刺激になる場合もあるため、耳栓をしてしまうのもひとつの手です。また、酔いに効くというツボ押しも試してみましょう。手のひらの中央部にある手心(しゅしん)、手のひらと腕の境にある神門(しんもん)、手首から肘に向かって指3本分のところにある内関(ないかん)、手の甲の親指と人差指のあいだにある合谷(ごうこく)。また、足の内くるぶしから10cmほど上にある築賓(ちくひん)も、酔いに効きます。

ちなみに子どもは、三半規管が弱いため乗り物酔いをしやすいです。一方、大人の場合は脳や耳になんらかの疾患があるケースがあります。頻繁に乗り物酔いを起こすという人は一度病院で診察してもらうことも検討したほうがよいでしょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント5バス酔い対策をしっかり行い快適に移動しよう

バス酔いは、主に目や耳から入る情報と実際の行動にズレがあることで、脳が情報を処理しきれずに起きるものです。バス酔いをしたという悪い記憶がさらに気分を悪くさせてしまうという例も多くあります。しかし、バス酔いは予防することも症状が出たあとに対策することもできます。症状が出たあとはムリせず衣服を緩め、こまめに休憩を取るようにしましょう。リラックスし、視界や耳から入る情報をなるべく遮断することを意識するとうまくいきます。周りの協力を得て座席を変えてもらったり、静かにしてもらったりすることも大切な対処法です。心配な場合は薬を服用し事前に病院を受診してもよいでしょう。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

PageTop