貸切バスの達人が教える特徴について知っておきたい!貸切ができるバスの車種とは

貸切バスの達人
日本国内でバスを製造している代表的な会社は5社程度しかありません。そして、それぞれの会社はある程度決まった種類のバスを製造しています。これらのバスの特徴などについて把握しておけば、貸切バスを選ぶときにも役立つ知識となるでしょう。今回は、バスの用途や代表的な車種について紹介していきます。また、貸切バスを選ぶときのポイントや料金の目安についても解説するので、貸切バスをレンタルするときの参考にしてください。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1用途で見るバスの種類とは

修学旅行

通常、バスといわれると通勤や通学で利用する市バスなどを思い浮かべる人が多いでしょう。これらの街中を走る路線バスは乗合バスと呼ばれています。バスの種類をさらに用途別で分けていくと、修学旅行や合宿などで貸し切って使われるのが貸切バス、あるいは観光バスと呼ばれるものです。高速バスは高速道路を使った長距離の移動に使われています。貸切バスも高速バスも長距離の移動で使われるという点では同じです。それでは、両者はどのように使い分ければよいのでしょうか。
一般的に、貸切バスはある程度まとまった人数の団体が同じ目的地へ移動するときに利用されます。移動中にレクリエーションなどを行いたいときにも、無関係の人に迷惑をかけずに済むので貸切バスの利用が便利でしょう。一方、高速バスは主に個人や少人数のグループが長距離移動したいときに利用されます。会社の慰安旅行では貸切バス、個人的な旅行では高速バスといったように、用途に応じて利用するバスの種類を選ぶ必要があるでしょう。この他のバスの種類としては、主に観光地の巡回に使われる、路線や運行時間が決められている定期観光バスがあります。また、空港と駅の間を行き来する空港アクセスバスなどの種類もあります。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2バスのサイズの種類についても知っておきたい

貸切バスをサイズ別で分けると、大型と中型、小型、マイクロバスの4種類があります。まず、大型は全長12mほどのバスのことで、定員数は53〜55人ほどが目安となります。中には60人以上乗ることができる大型バスもありますが、席と席の間隔が狭いので窮屈に感じることもあるでしょう。大型バスの場合、高速道路や有料道路の料金区分は特大車となります。高速料金などはバスの貸切料金とは別で請求されるので、資金に不安がある場合は前もってどれくらいかかるのかを調べておくとよいでしょう。

中型バスは全長が約9mで、定員数は27人のものが一般的です。高速道路の料金区分は大型車ですが、乗車できる人数が30人を超えると特大車扱いになります。そのため、中型バスの多くは補助席を設けていません。なお、数は少ないですが31〜33人分の座席が備わっている特殊な中型バスも存在します。中型バスの次に小さいのが小型バスで、全長は7mほどです。一般的な定員数は21〜25人で、高速料金の区分は中型車となります。中型バス同様に、定員が30人を超えると特大車料金になるので補助席はないのが普通です。なお、各製造会社は2007年までに小型バスの製造を中止しているため、目にする機会があまりない希少なバスだといえます。

製造が中止された小型バスに代わって、広く普及しているのがマイクロバスです。全長は7mほどで、車幅と車高が小型バスよりも短く設計されています。コンパクトで使い勝手のよいマイクロバスは、観光バスとしてだけではなく、送迎用にもよく利用されています。補助席を含めて22〜28席ほど用意されているものが一般的です。

なお、運転手を雇わずに車両だけレンタルできるのはマイクロバスのみです。たとえ誰かが大型免許を持っていたとしても、大型バスや中型バスは車両だけのレンタルが法律で禁じられているので注意しましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3車両の区分けはどのように行うの?

運転手 width=

大型、小型などの貸切バスの車両の区分けについては、国土交通省が定める「一般貸切旅客自動車運送事業経営許可申請の手引き」に記載があります。なお、一般貸切旅客自動車運送事業というのは貸切バス事業の正式名称です。これによると、大型車は「車両の長さ9メートル以上、または旅客座席数50人以上」の車両と定められています。同様に、小型車は「車両の長さ7メートル以下、かつ旅客座席数29人以下」の車両と定義されています。

中型車については、大型車、小型車のどちらの定義にも当てはまらない車両ということになるでしょう。このように、バスのサイズは国土交通省の車両の区分によって決められています。貸切バスの事業者はこの区分にしたがって、所有するそれぞれの車両の数を申告しなければなりません。上で紹介した5種類にこの区分を当てはめれば、小型バスとマイクロバスの2種類が小型車に区分されるということになります。

ちなみに、免許の種類ごとの運転できる自動車のサイズ区分と貸切バスのサイズ区分は異なります。道路交通法によると、乗車定員30人以上の自動車を運転するためには大型免許を所持している必要があります。また、乗車定員が11人以上30人未満の自動車を運転する場合に必要なのは中型免許です。つまり、マイクロバスを運転するためには中型免許が必要です。小型車の車両のみのレンタルを考えている人はこの点に気を付けましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4実際の車種について解説

それでは、実際の車種についてみていきましょう。大型車に分類されるのは主に、ダブルデッカーと大型ハイデッカー、スーパーハイデッカー、大型一般車の4種類です。ダブルデッカーとはいわゆる2階建て車両のことで、2つのフロアに座席が広がっているので他の車両よりも多くの乗客を収容できます。車体や乗客の重みを支えるため、後ろ側のタイヤの軸が2つある3軸構造になっています。車高が非常に高いことから、2階席では車窓からの眺めが楽しめることも特徴の1つでしょう。ただし、このダブルデッカーの国内生産は2010年頃に中止されています。そのため、見かけることの少ない貴重なタイプだといえるでしょう。
大型ハイデッカーはフロアが高い位置にある大型バスです。ダブルデッカーのように2階建てにはなっていませんが、フロアの下に多くの荷物を収納することができます。観光バスとしてはもっともポピュラーなタイプだといえるでしょう。大型ハイデッカーよりもさらにフロアを高くしたのがスーパーハイデッカーです。フロントガラスのあたりまでフロアが伸びており、ダブルデッカーの2階席のように開放的な眺めを楽しめるのが特徴です。座席が地面から離れたところにあるため騒音や振動が少なく、長距離の移動でも快適に過ごすことができます。大型ハイデッカーの豪華版車両だといえるでしょう。
大型一般車は全長9m以上の一般的な大型バスです。4列シートのものが多く、他のタイプの大型車に比べると料金設定がリーズナブルな傾向があります。大型車は客席のフロアが高い順に、ダブルデッカー、スーパーハイデッカー、大型ハイデッカーとなっており、大型一般車がもっともフロアの低い車種です。中型車と小型車についても、ハイデッカータイプのものと一般車タイプのものに分かれています。基本的に、フロアの高いものがハイデッカー、そうでないものが一般車だと覚えておきましょう。なお、国内では小型バスの生産が中止されているため、小型ハイデッカーは手配するのが難しい車種だといえます。また、小型一般車の主流はマイクロバスとなっています。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント5どんな車種を選ぶか迷う!

車種を選ぶ

貸切バスの車種を選ぶときのポイントは、バスのサイズは人数や荷物の量に応じて選ぶということです。特に、マイクロバスはもっとも料金が安い車種ですが、荷物を入れるためのトランクがありません。座席数も少ないので、荷物を詰め込みすぎて一人ひとりが十分なスペースを確保できない恐れがあります。そのため貸切バスのサイズは料金ではなく、快適に過ごせるかどうかを考慮して決めるとよいでしょう。

貸切バスの設備をチェックしておくことも大切なポイントです。貸切バスには、カラオケの設備が用意されているものや、冷蔵庫などが付いているものがあります。旅行の目的や乗客の希望に応じた設備の整っている車種を選びましょう。また、バスを貸し切るのにかかる金額とそのバスを利用するメリットのバランスが取れているかどうかをしっかり吟味するのも重要です。貸切バスを利用するときには、基本料金の他にも運転手や添乗員の人件費、高速料金などの費用がかかってきます。設備の充実したバスであれば、それだけ料金も高くなるでしょう。車種を決める前に、全体でどれだけの費用がかかるのか、その設備は本当に必要なのかといったことについてよく検討してください。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント6貸切バスの設備はどんなものがある?

貸切バスに付いている設備の具体例としては、カラオケや冷蔵庫、DVDの再生機器などがあります。これらは標準装備として付いていることも多い設備です。また、貸切バスの中には座席がくるくると回せるサロンタイプのものや、コンセントが備わっているものなどもあります。ちなみに、トイレが付いているバスは非常に少なく、全体の1パーセントほどしかないといわれています。これは、設置できる座席の数が減る、掃除に手間がかかるなど、トイレを付けることで生じるデメリットが多いためでしょう。また、貸切バスの運行中は2時間に1度は休憩を取らなければいけないという決まりがあるので、トイレを付けてもあまり使う人がいないという理由もあります。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント7貸切バスの料金の目安

料金の目安

貸切バスの料金は国土交通省によって下限と上限が定められています。そのため、貸切バスの料金の目安はサイズ別である程度把握しておくことができます。たとえば、東京発の日帰り旅行で200kmほど移動したと仮定しましょう。その場合、大型バスであれば料金の目安は8万〜11万円程度となります。同様に、中型バスなら6万〜9万円程度、小型バスかマイクロバスなら5万〜8万円程度です。ただし、これはあくまで基本料金なので、さらに人件費や高速料金などが加わってくることになります。また、貸切バスを利用する時期や条件によっても料金は大きく変わってきます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント8貸切バスを借りる時の注意点

貸切バスを借りるときの料金について、いくつか気を付けたいポイントがあります。まず、深夜の走行や繁忙期は料金が割高になる傾向があります。7月の中旬から11月の下旬、5月の中旬から6月の中旬は、修学旅行などの影響で貸切バスの稼働率が高くなる時期です。貸切バスの料金を安く抑えたいのであれば、利用する時間帯や時期には気を付けましょう。また、貸切バスの運賃は距離や時間の長さに応じて加算されていくので、長時間の走行は料金が高くなりやすいといえます。基本料金の他にも、バスガイドや運転手を雇えば人件費が発生するという点にも注意しましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント9見積もりを取ることは大切

お見積り

貸切バスを利用するうえで、見積もりを取っておくことは大切です。予備知識として料金の目安を知っていたとしても、借りるバスにどんな設備が付いているか、乗務員は何人いるかなどの要因によって料金は変わってきます。また、繁忙期の料金は閑散期よりも2〜4万円ほど高くなるというデータもあります。料金の見通しを立てないまま貸切バスを利用すると、実際の請求額が予算をオーバーしてしまう恐れもあるでしょう。しかしあらかじめ見積もりを取っておけば、貸切バスを借りるために必要な費用を明確にすることができるのです。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント10貸切バスの車種やタイプを知ろう

貸切バスを利用するときは、借りるバスの車種や性能とともにコストのバランスを考えることも重要です。あらかじめ貸切バスの料金を把握しておきたいのであれば、見積もりサイトを利用するのが便利でしょう。貸切バスの一括見積もりサイト「バスネゴ」では、厳密に選定した安全なバス会社の料金の見積もりをスピーディに提示してくれます。貸切バス選びに悩んだときは、試しにバスネゴを利用してみてはいかがでしょうか。

貸切バスの達人が教える!

様々な貸切バスの利用方法について、ご提案します。人数集まったら貸切バスで! 今まで知らなかった貸切バスの利用方法やお得な情報をご覧ください。

  • 大型バス

    貸切ができるバスの車種とは

    バスの用途や代表的な車種について紹介していきます。

    続きはこちら
  • 大型バス

    大型バスのサイズはどれくらい?

    目的や予算に合った大型バスを特徴や料金相場などを詳しく解説していきます。

    続きはこちら
  • 大型バス

    大型バス料金の目安と設備

    大型バスの特徴や選び方のポイント、料金の目安などについて解説していきます。

    続きはこちら
  • 疑問

    バスに酔わない席があるって本当?

    酔わないための席選びをご紹介します。

    続きはこちら
  • 乗り物酔い

    バス酔いの原因と対策方法

    バス酔いの原因と対策方法についてご紹介します。

    続きはこちら
  • 貸切バスの種類

    貸切バスを利用したい!料金はどう決まるの?

    貸切バスの車種や利用する時季、1日の走行距離や時間などが料金に大きく影響していることを紹介していきます。

    続きはこちら
  • 天候

    貸切バスは気候変化にも強い?

    貸切バスは気候変化にも強い交通手段です。今回は貸切バスがなぜ気候に強いのかご説明いたします。

    続きはこちら
  • お酒

    貸切バスはお酒が好きな人にはおすすめ!

    お酒好きの方にはたまらない貸切バスのメリットについて、ご紹介いたします。

    続きはこちら
  • 持ち物

    貸切バスツアーにあると便利な持ち物をご紹介

    貸切バスツアーに参加するにあたり、持ち込んでおくと便利な持ち物をご紹介いたします。

    続きはこちら
  • 恋愛成就

    貸切バスで行けば、ご利益がある?恋愛成就や縁結びにおすすめ

    貸切バスで行く恋愛成就や縁結びにおすすめのスポットをご紹介します。

    続きはこちら
  • テーマパーク

    貸切バスで行きたい!日本全国おすすめのテーマーパーク5選

    絶対に行きたい日本全国のおすすめテーマパークをご紹介いたします。

    続きはこちら
  • キャンプ

    大人数でのキャンプを楽しもう!

    貸切バスなら大人数で楽しむキャンプも運転を気にせずラクラク移動できます!

    続きはこちら
  • スキー・スノボ

    スキー・スノボに行くなら貸切バスで!

    スキーやスノボのデメリット交通手段を貸切バスで解決できます!

    続きはこちら
  • 結婚式・二次会

    結婚式・二次会で貸切バスを利用すべき理由

    二次会を成功させるためにオススメな貸切バスのメリットをご紹介します。

    続きはこちら
  • ゴルフコンペ

    ゴルフコンペは貸切バスで!

    貸切バスとゴルフコンペの相性が良い理由をご説明いたします。

    続きはこちら
  • イベント

    フェスやイベントには貸切バスを利用しよう!

    フェスやイベントを思いっきり楽しむために利用したいのが貸切バスです。

    続きはこちら
  • ラーメン

    貸切バスで行く行列の出来るラーメン屋

    貸切バスツアーだからこそ行ってみたい行列のできるラーメン屋さんをご紹介いたします。

    続きはこちら
  • ハワイ

    ハワイに行くなら貸切バスをレンタルしよう!

    ハワイでも貸切バスを利用することができ、好きな観光スポットを訪れることができます。

    続きはこちら
  • まぐろ

    貸切バスで美味しいまぐろを食べに行こう!

    豪華なまぐろ料理を堪能できる貸切バスツアーをご紹介いたします。

    続きはこちら
  • 結婚式

    空港や新幹線から貸切バスで結婚式会場へ !

    遠方からの親族の慣れない土地の交通手段も貸切バスが解決します!

    続きはこちら
  • 合宿

    貸切バスで行く合宿はメリットがたくさん!

    大人数での合宿の移動手段は貸切バスがオススメです!

    続きはこちら
  • 同窓会

    同窓会を貸切バスで思い出に残る旅にしよう!

    幹事さんも同窓会を存分に楽しむことができる貸切バスツアーで同窓会はいかがですか?

    続きはこちら
  • 貸切バス

    今時の婚活は貸切バスで行くべき!

    今注目されている貸切バス婚活パーティをご紹介いたします。

    続きはこちら

PageTop