貸切バスはお酒が好きな人にはおすすめ! | 貸切バスのバスネゴ

貸切バスの達人が教える貸切バスはお酒が好きな人にはおすすめ!

貸切バスの達人
気の許せる友人たちとの旅行ほど楽しいものはありません。普段はお酒を飲まない人もつい飲みすぎてしまうのが旅行です。お酒好きな人はもちろん、旅行にはお酒が欠かせません。そんなお酒好きの方にオススメしたいのが、貸切バスを利用したオーダーメイドの旅行です。今回はお酒好きの方にはたまらない貸切バスのメリットについて、ご紹介いたします。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1 全員がお酒を飲める

ビール

マイカーやレンタカーを利用すると、必ずお酒が飲めない人が出てきます。しかし、貸切バスはプロのドライバーが安全・快適に目的地まで送迎してくれます。そのため、日帰り旅行でも参加者全員がお酒を飲むことができるので、誰にも遠慮せずに旅先でお酒を楽しむことができます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2 持込は自由

オーダーメイド型の貸切バスは基本的に飲食物の持ち込みがOKとなっています。水やお茶はもちろん、お酒やおつまみ、オードブルなども持ち込むことができます。貸切バスの中にはサロンバスというものがあり、後部座席を向かい合わせにし、簡易テーブルまで備えているものあるので、貸切バスの車内で宴会をすることもできます。パーキングエリアでの休憩もあるので、お酒や食べ物が切れたら、すぐに買い出しすることができます。公共施設だと割高なお酒や食べ物もパーキングエリアでは一般の価格とあまり違わないので、費用の節約にもなります。貸切バス車内には冷蔵庫も備え付けてあるので、キンキンに冷えたビールも楽しめます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3 ビールサーバー、カラオケ付きのプレミアムバスも!

ビールサーバー付貸切バス

貸切バスは旅行だけでなく、会社の社員旅行やゴルフコンペなどの接待にも使うことができます。貸切バス会社によってはビールサーバーやカラオケが楽しめる高級貸切バスを用意しています。座席も広めに確保してあり、充分なリクライニングやサロンも兼ね備えています。もちろん、トイレ付きなので、気兼ねなくお酒を飲むことができます。貸切バスの車内は完全なプライベート空間になるため、お酒の臭いや声のトーンやボリュームなどを一切に気にする必要がありません。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4 飲みすぎには注意しましょう。

貸切バスを利用すると、移動中は自由に時間を使うことができます。もちろん、お酒を好きなだけ飲んでも問題ありません。トイレも備え付いているので、安心してお酒を楽しむことができますが、目的地に着く前に泥酔するほど飲むのは避けましょう。バスは移動しており、お酒が入っているとなると乗り物酔いしやすい状況になります。トイレに篭ってしまう、車内で吐いてしまうなどして、最悪の場合、予定していないパーキングエリアに立ち寄ることになってしまいます。他の参加メンバーにも迷惑がかかってしまうので、飲みすぎにはくれぐれも注意しましょう。このように貸切バスでの飲酒は体調不良者が出やすい状況にあります。幹事の方は酔い止めや胃薬など最低限の救急セットは持っていくと良いでしょう。貸切バスの車内が目的地ではなく、観光地などを心から楽しめるように自分を律することが大切です。