二次会の移動もらくらく!結婚式で貸切バスを利用すべき理由 | 貸切バスのバスネゴ

貸切バスの達人が教える二次会の移動もらくらく!
結婚式で貸切バスを利用すべき理由

貸切バスの達人
人生の一大イベントといえば、「結婚式」です。新郎・新婦の親族、大切な友人を招いて、盛大に祝う結婚式は一生の思い出として残ります。そして、忘れてはならないのが「二次会」です。披露宴に呼べなかった友人たちと、再度、お祝いする大切なイベントです。そんな二次会を成功させるためにオススメなのが貸切バスです。今回は結婚式の二次会で、貸切バスを利用するメリットについて、ご紹介いたします。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1 二次会会場への移動がスムーズに!

結婚式

貸切バスは集合場所や目的地、乗車人数など自由に決定できるメリットがあります。披露宴会場の入り口前に待機させることもできるので、参加者に二次会へ向かう手間をかけさせなくて、済みます。また二次会参加者が参加しやすいように、披露宴会場から二次会会場が遠い場合もあります。貸切バスなら、全員で移動が可能なので、二次会の開始時間が遅れることはありません。二次会からの参加者の方専用の貸切バスを用意すると、遅刻者もなく、全員が集まった状態で二次会を開始することもできます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2 二次会準備にもおすすめ

二次会では披露宴では行えなかった友人のサプライズや催し物を行う場合があります。手の凝った催し物を出す方も多く、荷物が多くなることもしばしばです。披露宴会場から大量の荷物を持って、二次会会場への移動はとても困難です。貸切バスは充分な収納スペースを確保しているので、催し物などの道具なども積むことができ、スムーズに移動が可能となります。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3 二次会幹事の負担が減る

披露宴の受付や二次会の主催を新郎や新婦の友人が行うことは珍しくありません。結婚披露宴ではお酒も入っているケースも多いので、誘導などに手間がかかる場合もあります。貸切バスであれば、誘導もスムーズで幹事の手間もかからず、事前に行き先を伝えておけば、当日は何もしなくてもプロのドライバーが安全に参加者を二次会会場まで運んでくれます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4 費用もリーズナブル

土日祝日や地域、時間帯によっても料金は変動しますが、自宅や空港などの出発場所から披露宴会場や二次会会場、自宅や主要公共交通施設まで丸一日貸切バスを借りても3万〜4万ほどで済みます。公共交通機関の遅延や交通事故などで当日の混乱を避けられるのであれば、決して高くない費用といえます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント5 宿泊施設までスムーズに案内でできる

遠方からわざわざ参加してくれた親類や友人には宿泊先を用意するのがマナーといわれています。披露宴から二次会まで参加した場合、アルコールも入っている友人もいれば、緊張などで疲れが溜まっている親類の方もいらっしゃいます。そのような状況で、個別に宿泊施設に行ってもらうと大変な負担と労力をかけてしまいます。貸切バスなら披露宴会場や二次会会場から宿泊施設まで送迎が可能なので、参加者に負担をかけにくくなります。また、近郊からいらっしゃった方も主要駅まで送迎が可能です。披露宴後は引き出物など荷物が多くなることもしばしば。盛大にお祝いをしてくれたお返しとして、負担をかけにくい貸切バスの利用がおすすめです。


上手に借りる貸切バスQ&A貸切バスの達人が教える