フェスやイベントには貸切バスを利用しよう! | 貸切バスのバスネゴ

貸切バスの達人が教えるおもいっきり遊ぶためにもフェスやイベントには貸切バスを利用しよう!

貸切バスの達人
気温もすっかり暖かくなり、どこかに出かけたくなる季節です。そのようなニーズに応えるように、この季節は様々な場所でフェスティバルやイベントが開催されています。春にはお花見や森のフェスティバル、夏はサマーソニックやフジロックなどの夏のメインフェスや、花火大会、川遊び、山登りなどのイベント、秋には食欲の秋に相応しい肉フェスやオクトーバーフェスなどが開催されます。そんなフェスやイベントを思いっきり楽しむために利用したいのが貸切バスです。今回はフェスやイベントになぜ貸切バスがおすすめかをお伝えいたします。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1 公共交通機関では出向きにくい場所に直接向かえる

フェスティバル

春や夏のフェスといえば、富士山の麓で行われる森フェスや、フジロックなどの音楽祭が挙げられます。フジロックは野外フェスティバルの代表的なイベントです。開催場所は騒音が気にならない、新潟県湯沢町苗場スキー場という山奥で開催されます。最寄り駅である越後湯沢駅からシャトルバスが出ていますが、毎年、大混雑してしまいます。その点、貸切バスであれば、集合場所から目的地まで直接向かうことができます。貸切バスの中は冷房が効いているので、会場へ向かうまでに暑さを避けることができ、熱中症を防ぐことができます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2 キャンプなどのイベントにもおすすめ

キャンプ

最近では手ぶらでバーベキューやキャンプを楽しめる場所も増えてきています。しかし、キャンプ用品も日々進化しており、快適で楽しい本格的なキャンプも根強い人気があります。そんな本格的なキャンプを行うためには、キャンプ用品はもちろん、食材や飲み物も必要となります。貸切バスであれば、広いトランクスペースがあるので大きなキャンピング用品を運べるだけでなく、お酒などのアルコールも帰りを気にせず、楽しむことができます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3 フェスティバルを目玉にしたツアーもある

貸切バスツアー会社が春から夏にかけて開催されるフェスティバルを目的地とした貸切バスツアーを提供しています。毎年、6月下旬〜7月上旬まで開催される河口湖ハーブフェスティバルや、埼玉県で毎年開催されるあやめ&ラベンダーのブルーフェスティバルなどをメインの目的地にした貸切バスツアーは、レンタカーを借りて、自分たちで行くよりも費用も安く、気兼ねなく楽しむことができます。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4 フェスやイベント参加者にもおすすめ

貸切バスは何もフェスやイベントのお客様だけが利用できるサービスでありません。フェスやイベントに参加される方も利用することで様々なメリットがあります。例えば、音楽フェスティバルの参加者やフリーマーケットの出店者などは重い機材や多くの出品物を会場まで運搬しなければなりません。大型のバンでは大型免許が必要となり、自家用車では機材が全て積みきれないなどのデメリットがあります。しかし、貸切バスを利用すれば、大きな機材や荷物も運搬が可能で、何より目的地まで快適に向かうことができます。集合場所も自由に設定でき、利用人数によって、貸切バスのサイズも選択できるので、費用も安く抑えることができます。


上手に借りる貸切バスQ&A貸切バスの達人が教える