ゴルフ送迎バス

グループでゴルフを楽しむなら送迎も用意しよう!貸切バスを利用するメリットと料金相場

グループでゴルフを楽しみたい場合、貸切バスの利用がおすすめです。貸切バスを手配するとグループでのゴルフがさらに盛り上がります。せっかくグループでゴルフを楽しむのであれば、貸切りバスの手配をして準備しておきましょう。今回は、ゴルフ送迎におすすめの貸切バスを利用するメリットや料金相場をご紹介します。

ゴルフ送迎がなかった時のあるある

ゴルフゴルフ送迎がないことで困ったことや、不便と感じた経験は多くのゴルファーが経験しているのではないでしょうか?
ゴルフ送迎がなかった時のゴルファーの声を集めてみました。

・ゴルフバッグなどの荷物が多く、移動だけで疲れる
・タクシーの相乗りだと荷物が入らない
・各自でタクシーを使うと料金がかさむ
・自家用車だとドライバー1人がプレー後にお酒を飲めない
・早朝プレーだと眠い状態で運転しなければならない
・プレー後も疲労感と眠たさで運転に危険を感じる


せっかく楽しみにしていたゴルフで、不満や不安が生まれてしまうのはもったいないと言えます。
グループでゴルフをするのであれば、全体の雰囲気まで悪くなる原因は排除して楽しいゴルフに向けた準備をしたいものです。

ゴルフ送迎に貸切バスを利用するメリット

貸切バスグループでゴルフを楽しむ場合、貸切バスを利用すると様々なメリットがあります。

・交通費が分かりやすく格安
マイカーでゴルフ場を往復する場合、高速料金やガソリン代の計算や負担の割合を計算して請求、多めに支払った方がいいか、お釣りは良いよと言うべきかなど、交通費の清算に迷う部分が多いです。
貸切バスなら、参加人数で割るだけと交通費が分かりやすいというメリットがあり、しかも電車と比較しても料金は格安です。

・ゴルフバッグの収納可能で移動がラク
ゴルフバッグの宅配を手配しなくても、貸切バスなら荷物が積めて便利です。
早朝の出発でも貸切バスの車内で寝ながらラクに移動できます。

・取引相手への車内接待が可能
コースに出る前から、行きの車内でゴルフ接待をスタートできます。

・プロの運転手に任せて安心
貸切バスはプロの運転手に任せて移動できるため、乗車したらゴルフ場までのんびりとくつろげます。
自家用車での移動で気になる、ドライバーの負担や保険の心配からも解放されます。

ゴルフコンペを主催する時にもおすすめ

ゴルフコンペ貸切バスを利用すれば運転をプロのドライバーに任せて、ゴルフコンペの参加者全員で一緒に移動できます。
レンタカーで移動する場合には、ゴルフをして疲れた状態でも運転しなければならないため、ドライバーに負担がかかってしまいます。
その点、貸切バスを利用すれば、ゴルフコンペの帰りにバスの中で気兼ねなくお酒を飲むことができ、また表彰式をバス内で行うことも可能です。
ゴルフコンペを主催する場合、予算やスケジュールに合わせてバス会社に提案をしてもらうと手配や予約の手間も省けます。
バス会社によっては、ゴルフ場の手配やコンペの景品手配を行ってくれる場合もあります。
また、交通機関が動いていない早朝の出発や深夜の移動も貸切バスなら可能です。
距離が離れている憧れのゴルフ場でゴルフコンペを行いたいなど、移動距離が長くなる場合も貸切バスが便利と言えます。
重いバッグを持たなくて済み、行き帰りの運転の不安もないという安心感の中で、思い切りゴルフコンペを満喫できます。

料金相場はどれくらい?

料金相場貸切バスは大きさや使い方、時間や地域によって料金が異なります。
ゴルフ送迎で貸切バスを利用する場合で、都内近郊での利用を例に料金相場を見てみましょう。

・大型バスの場合
乗車人数30名の大型バスで、都内を朝9時に出発、埼玉のゴルフ場でプレー後に東京着が夕方6時の場合、料金は101,500円が相場です。
1人当たりの料金は約3,383円となります。
参加人数が多く、近場、そしてスタートが遅めなのでリーズナブルな料金が実現しています。

・中型バスの場合
乗車人数20名の中型バスで、都内を早朝6時半に出発、茨城のゴルフ場でプレー後に東京着が夜7時半の場合、料金は124,000円が相場です。
1人当たりの料金は約6,200円となっています。
集合時間が速く移動距離も長めなため、貸切バスの利用料金は高めとなりました。

・マイクロバスの場合
乗車人数13名のマイクロバスで、横浜を朝7時に出発、千葉のゴルフ場でプレー後に横浜着が夕方6時の場合、料金は79,000円が相場です。
1人当たりの料金は約6,077円となりました。
マイクロバスは基本料金の設定がリーズナブルなため、少ない人数でも利用しやすいと言えます。

貸切バスをゴルフ送迎で利用する際に気を付けたいポイント

ポイントゴルフ送迎で貸切バスを利用する際には、気を付けたいポイントがあります。
まず、ゴルフ場の駐車場がバスに対応しているか、忘れずに確認しましょう。
万が一バス用の駐車スペースが無い場合は、ゴルフ場に近い駐車場を手配する必要はあります。
ゴルフ場までの道幅が狭い場合などは、バスが通れるかどうかも確かめておくと安心です。
さらに、貸切バスの運転手は1人で長時間運行することを禁じられており、早朝から深夜まで利用する場合は休息できる場所を確保しておく必要があります。
ゴルフ場によっては運転手の休息場所を用意している場合もあるので、あるか確認して活用しましょう。

PageTop