冬だ!スキーだ!スノボだ!貸切バスでゲレンデに出かけよう! | 貸切バスのバスネゴ

日本と世界のバス日記冬だ!スキーだ!スノボだ!貸切バスでゲレンデに出かけよう!

11月も中旬になりました!寒さも増してきて、ウィンタースポーツが盛り上がる季節が近づいてきました!

ウィンタースポーツといえば、スキーやスノーボード(スノボ)。冬から春咲きまで老若男女問わず楽しめるスポーツです。楽しい反面、厚いコートを着て、スキーやスノボの道具を運んだりするのは、ちょっと面倒ですよね。

そこでおススメしたいのが、「バスネゴ」の貸切バスで行く、スキー・スノボ!楽しい時間を共有する友達、仲間や家族で貸切バスを借り切って白銀の世界へ出かけるのはいかがでしょうか?

kashikiri_bus_ski_snowboard

バスネゴおススメ!スキーゲレンデ2017年

 
kasihikiri_bus_ski_and_snowboard_2017

1. 北海道 ニセコグランヒラフ

http://www.grand-hirafu.jp/winter/

グラン・ヒラフは、ニセコエリアの4つのスキー場の中でも最大の規模を誇り極上のパウダースノーが堪能できます。ヒラフゴンドラとマウンテンセンターとあわせ、最新の設備で最高のパウダースノーをお楽しみいただけます。麓にはホテル、コンドミニアム、温泉、レストランなどの町並みが広がっています。

2. 長野 竜王スキーパーク

http://www.ryuoo.com/snow/

パウダーゾーンからフラット&ワイドゾーン初心者から上級者までがステップアップできる竜王スキーパーク!
標高差1,000m以上、約6,000mのロングラン!
SURF&SNOWで日本パウダーランキング1位を獲得した初級者でも楽しめる極上パウダーゾーンのバレーエリア。竜王名物最大斜度36度「木落しコース」ではパウダーフリークにははずせないコースとなっている。メインゲレンデ「バレーエリア」はフラット&ワイドバーン。特徴のあるコースセッティングが竜王の魅力!

3. 群馬 丸沼高原スキー場

https://www.marunuma.jp/winter/
群馬県の丸沼高原スキー場はゲレンデには13のコースと9つのリフトがあります。更にスノーパークやキッズパークまであるので大人から子供まで家族連れにも人気があるスキー場です。コースは最長4000メートルという山頂の絶景を楽しむ事が可能な所もあり魅力的です。

4. 新潟 苗場スキー場

http://www.princehotels.co.jp/ski/naeba/
エンターテインメントリゾートNaeba!最長4000メートルのロングコースを含む広大なゲレンデで知られています。しかし、苗場といえば、ユーミンのコンサート!毎年、苗場プリンスホテルで開催されてきた冬の定番「SURF&SNOW in Naeba」、1981年にスタートしたユーミンの苗場コンサートは今回で37回目を迎えます。苗場は、コンサートなど多彩なアクティビティや充実した施設がいっぱい!こどもからおとなまで楽しめる“苗場スキー場“。魅力いっぱいのプリンススノーリゾート。

kasihikiri_bus_ski_and_snowboard_2017
貸切バスを使えば、重い荷物を持つ必要なし!
 
貸切バスの集合、解散の場所は、ご自分達で決めることができます。主要駅、空港はもちろんこと、学校、職場、自宅そばなど、自由に設定できます。参加人数が多くなれば、大型バスなどを借りることをお勧めします。大型バスでしたら十分な収容スペースもあるので、皆さんの荷物、スキー板、スノボー板など、問題なく詰め込むことができます!

貸切バスを使えば、雪道での運転の必要なし(もちろんチェーンもいりません!)
 
スキーやスノボに行く際は、夜間の出発のことが多いですよね。貸切バスなら、移動中もゆっくり仮眠をとることができるので、翌朝から元気にスキーやスノボを楽しむことができます。ご自分で運転される際は、夜道や雪道などでの心配がありますが、貸切バスなら経験を積んだ、熟練のドライバーが皆さんを目的地まで安全にお送りいたします。


貸切バスを使えば、貸切バス会社が施設や道具の手配をしてくれることも!

 
ご存じですか?貸切バス会社によっては、リフト券の購入、宿泊施設の手配、スキーやスノボのレンタルなど全て代行してくれる場合もあるんですよ!「バスネゴ」でしたら、ご希望地域の貸切バス会社の見積もりを一括で取れるので、ご希望の値段を提示した貸切バス会社に直接、施設や道具の手配をお願い出来る場合もあるんです!!!

さぁ、楽しい冬の思い出作りにスキー・スノボに貸切バスで出かけましょう!人数によって、どんな貸切バスが最適かを判断するには、「あなたのグループ(団体)におすすめな貸切バスとは?」も合わせてお読みください!


日本と世界のバス日記