貸切バスで巡る東京特集!!房総半島で外せない!おすすめ観光スポット5選

太平洋に面している房総半島は海と山に囲まれ、温暖な気候と大自然に恵まれています。千葉観光やドライブスポットとして注目されており、自家用車やレンタカー、貸切バスを利用して観光を楽しむ人が増えています。そんな房総半島ではどんな観光スポットがあるのか、今回はおすすめのスポットを5ヶ所ご紹介しましょう。

鋸山・日本寺

鋸山・日本寺

「鋸山・日本寺」は薬師瑠璃光如来が鎮座していることで有名なお寺です。
日本には奈良の盧舎那仏(高さ18.18m、御丈14.85m)や鎌倉の阿弥陀如来(高さ13.35m、御丈11.312m)が巨大な大仏があります。
しかし、日本寺はそれらを上回り、高さ31.05m、御丈21.3mにもなる日本一大きな大仏が鎮座しているお寺です。境内は表参道、中腹、大仏広場、羅漢、山頂の5つのエリアに分かれており、歴史的価値の高い建造物や観音群、鋸山の自然を満喫できます。
とても広いお寺なので山頂の展望台(地獄のぞきや百尺観音までは、登山自動車道路とロープウェイの利用がおすすめです。
一部エリアは近くに駐車場が完備されているので、車や貸切バスでも快適に観光できます。参照の展望台からは海を一望でき、晴れた日には富士山や房総半島の山々を見渡せます。また、展望台は高さ100mの断崖の上にあるので、下を覗くとスリリングな景色を堪能できるでしょう。
大仏広場にある大仏や願い地蔵は心から祈願すると願いを叶えてくれると言われているので、ぜひ参拝してご利益を得てみてください。

野島崎

野島崎

房総半島の最南端にある岬で、「野島崎灯台」が点在しています。
灯台は真っ白な外観から「白鳥の灯台」と呼ばれており、フランス人の技師により建てられた灯台です。
日本では観音崎灯台の次に古く、とても美しい灯台と観光スポットとして人気があります。
灯台の中の螺旋階段を上って展望台に行くことができ、そこからは360度のパノラマ風景を眺められます。岬の先端からも地平線と共に日の出や夕日を見られます。
トイレが完備された駐車場が近くにあるので、車や貸切バスでの移動も可能です。晴れた日の夜は満点の星空を観測でき、時期によっては流星群や天の川も眺められます。崖に近寄らなければ足場は比較的に良好なので、天体観測を楽しみたい方にも最適でしょう。
野島崎周辺には道の駅や花畑、神社などの観光スポットが点在しているので、合わせて訪れてみてください。

養老渓谷

養老渓谷

房総半島のほぼ中央に位置する「養老渓谷」は千葉の温泉地として親しまれているスポットです。
また、渓谷内には6つの滝があり、自然の景観を楽しむと共に癒しスポットとして人気を集めています。
房総半島で最も大きい滝は「栗又の滝」です。
全長100mに及ぶ滝は横幅が広く、ゆるやかな坂を下るように水が流れていく姿を眺められます。石畳の遊歩道を歩き進んでいくと「千代の滝」と「万代の滝」、「小沢又の滝」があり、また小沢又滝の近くには一息つける茶屋があります。歩き疲れたら「ごりやくの湯」で温泉に入り、暖かい湯で体を癒しましょう。浴室は開放感があり、山里の景色を楽しみながら露天風呂に入浴できます。養老渓谷の温泉は美肌効果に良いとされているので、女性には特に嬉しい効能でしょう。
春夏は新緑、秋になれば紅葉の山々を一望できるので、季節ごとの季節もお楽しみください。
他にも養老渓谷ではニジマスやコイ釣り体験やキャンプ・バーベキュー、出世観音が鎮座する「国立寺」といったスポットが充実しています。

マザー牧場

マザー牧場

鹿野山にある体験型ファームで、子どもからお年寄りまで色々な体験を楽しむことができます。
例えば、ガイドと共にファーム内を見学したり、羊の大行進や毛刈りなどのショーを見たり、可愛い動物との触れ合いも可能です。
また、マザー牧場内では四季折々の作物が育つ畑があり、フルーツトマトやイチゴ、さつま芋など季節に応じて味覚狩りを楽しめます。手作り体験ではバターやアイスクリーム、人形作り、オリジナルプレートなど食事や季節を感じられる体験に参加できます。
他にも空を滑るように移動するファームジップやスリル満天なファームバンジー、観覧車やライド系など子どもが好きなアトラクションが揃った遊園地なども利用可能です。レストラン・カフェ、お土産屋、コテージ・オートキャンプ、ホテル・宿もあるので、1日を通して遊べます。

鴨川シーワールド

鴨川シーワールド

水族館とスタジアムが併設されたテーマパークです。
「水の一生」とテーマにしており、川魚や鴨川沿岸に生息する水生生物が多数展示飼育されています。
例えば、ウミガメやペンギン、マンボウ、アザラシ、イルカなどの人気動物を見ることができます。水族館といえばイルカやアシカショーですが、鴨川シーワールドはシャチのパフォーマンスが見物です。
「オーシャンスタジオ」では1日2〜3回、ダイナミックな動き、跳ねるシャチの姿を観劇できます。
また、有料で先着順になりますが、「ディスカバリーガイダンス」に参加すればイルカに触ったり、一緒に写真を撮ったりできます。
他にも、笑うアシカとの記念撮影やベルーガのおでこにタッチ、水族館の裏側見学などのプログラムが用意されており、充実した観光を楽しみたい方は参加してみましょう。

PICK UP!! 貸切バスで巡る東京特集!!

PageTop