貸切バスで行く!東京から日帰りで行ける潮干狩りトップ5 | 貸切バスのバスネゴ

貸切バスで巡る東京特集!!貸切バスで行く!
東京から日帰りで行ける潮干狩りトップ5

一年中、楽しめるレジャーとして昔から人気の潮干狩り。特に4月〜5月は潮が長時間遠くまで引くので、潮干狩りを楽しむには絶好のシーズンといえます。今回は貸切バスで行く東京から日帰りで潮干狩りトップ5をご紹介いたします。

神奈川県「海の公園」
神奈川県「海の公園」
横浜・八景島シーパラダイスの近くにある海の公園は毎年潮干狩りの観光客で人気となります。天然の貝が取れるとあって、神奈川県で知名度ナンバーワンの潮干狩りスポットです。ゴールデンウィークになると15万以上が訪れるといわれています。1人2kgまで、2cm以下の稚貝は取らないというルールがあるので、注意しましょう。温水シャワーや更衣室があるので、安心して潮干狩りに集中できます。大人数での参加がおすすめなので、送迎は貸切バスを利用すると良い思い出にもなります。
千葉県「久津間海岸潮干狩り場」
アサリ以外にも世にも珍しい「マテ貝」採りを楽しめる数少ない潮干狩り場です。塩を使って、捕まえる独特の採取方法にハマッてしまう方が多いのだとか。まるで砂浜のモグラ叩きを体験しているようなので、お子様も大人も楽しめる珍しい潮干狩り場です。もちろん、採れた貝は持ち帰りが可能です。木更津には多くの潮干狩り場があるので、貸切バスを利用して、複数の潮干狩り場を体験するのも良いかもしれません。貸切バスはオーダーメイドで目的地を設定できるので、予算の範囲内で思い出に残る潮干狩りツアーを企画してみるのも面白いかもしれません。
千葉県「ふなばし三番瀬海浜公園」
東京から最も近いといわれるのがこの「ふなばし三番瀬海浜公園」。そのため、来場客も多く、混雑しやすい潮干狩り場でもあります。開催日以外は参加することができないので、ホームページで確認する必要があります。千葉県を貸切バスで散策した後に立ち寄ることもできるので、少しだけ潮干狩り体験をしたい方には貸切バスのスケジュールに含めてもいいかもしれません。
千葉県「木更津海岸 中の島公園」
東京からはアクアラインですぐにアクセスできる「木更津海岸 中の島公園」。昔から潮干狩りの名スポットとして、今の人気があります。金色ハマグリを見つけると焼き海苔がもらえるという一風変わったイベントを行っています。映画「木更津キャッツアイ」のロケ地としても有名で、ファンもこぞって訪れます。温水シャワーも完備しているので、汚れがちなお子様でも思いっきり楽しむことができます。貸切バスなら、帰りにアクアラインの海ほたるで絶景を楽しみながら、お酒を嗜むこともできます。
千葉県 「富津海岸潮干狩り場」
ファミリーに特に人気の高い潮干狩り場が「富津海岸潮干狩り場」。無料の駐車場も完備しているので、貸切バスでも気兼ねなく、訪れることができます。潮抜き用の海水や洗い場などが用意されているので、取ったばかりのアサリを自宅ですぐに食べることができます。アサリ以外の多種多様の貝も取れるので、純粋に潮干狩りを楽しむこともできます。期間は9月上旬までとなっています。