貸切バスで周りたい!東京の三大祭り | 貸切バスのバスネゴ

貸切バスで巡る東京特集!!貸切バスで周りたい!東京の三大祭り

日本有数の観光地は言うまでもなく、日本の首都「東京」です。経済都市のイメージが強いですが、伝統的な側面も持っており、最先端と伝統が入り混じる魅力的な街です。東京都内は敷地面積もそこまで広くないので、限りある日程で多くの観光スポットを周るには貸切バスがおすすめです。また、今回は東京の三大祭りをご紹介いたします。

広すぎず、狭すぎずの東京
東京23区内には魅力的な観光資源が多数あり、区それぞれに異なる魅力があります。しかし、全てを周りきるには時間が足りません。そこで効率良く東京観光を行うには貸切バスがおすすめです。面倒な乗換えも必要とせず、お土産を好きなだけ購入することができます。また、お祭りのシーズンとなると東京の三大祭、俗に言う江戸三大祭りが見ものです。混在を避けるためにも貸切バスはおすすめです。三大祭が行われる地域にも多くの魅力的な観光地があるので、観光のついでにお祭りを楽しむのも良い旅の思い出として残ります。
神田祭
神田祭
東京の三大祭の一つが「神田祭」。江戸の庶民からは「天下祭り」と呼ばれており、昨年2年ぶりに復活しました。5月上旬から神輿が神田地区を周り、壮大なお祭りの雰囲気を味わうことができます。祭事の主催である神田神社は秋葉原にも程近いので、秋葉原観光のついでに神田祭の活況を覗きにいけます。秋葉原には魅力的なお土産が多く、たくさん購入したとしても貸切バスのトランクに預けることができるので、手ぶらでお祭りを楽しむことができます。
浅草・三社祭り
浅草・三社祭り
東京下町の代表地区といえば、浅草です。東京観光スポットとしても人気のあり、国内外から多数の人が訪れます。5月中旬頃から大行列や神輿渡御が行われます。浅草は東京の新名所である東京スカイツリーも近く、展望台から東京を一望した後、下町風情が溢れる浅草で美味しいグルメを堪能することができます。訪日外国人がこの浅草・三社祭りを見るために多く訪れるので、混在が予想されます。貸切バスであれば、専用の駐車場を予約することができるので快適にお祭りを楽しむことができます。お祭りを見終われば、すぐに次の観光スポットに移動できるのも貸切バスのメリットでもあります。
山王祭
山王祭
東京三大祭の最後の一つが山王祭です。隔年で実施されるため2015年は開催されませんでしたが、2016年は開催されます。大都会の中心地である皇居前や銀座を、装束を纏った人々が練り歩く姿は圧巻そのもの。近代都市と伝統文化が入り混じった新鮮な光景を目にすることができます。6月上旬から中旬にかけて開催されます。梅雨の季節でもあるので、貸切バスを利用することで雨などによる移動の負担を軽減することができます。周囲には高級ショッピング街の銀座や日本政治の舞台である国会議事堂があります。赤坂や六本木などの繁華街にも近く、東京タワー観光も人気となっています。公共交通機関だと乗換えが不便なスポットですが、貸切バスならダイレクトに短時間の移動が可能ですので、おすすめです。