貸切バスで行きたい!札幌のおすすめ酒造・ビール工場! | 貸切バスのバスネゴ

貸切バスで巡る札幌・北海道特集!!貸切バスで行きたい!
札幌のおすすめ酒造・ビール工場!

北海道といえば、19世紀の北方開拓時代に作られたサッポロビールを始め、お酒の産地としても有名です。今回は札幌市市内から行ける北海道おすすめの酒造・ビール工場をご紹介いたします。

絶対にはずせないビール工場「サッポロビール 北海道工場」
ビール
日本でただ一つビール博物館が併設された「サッポロビール 北海道工場」。元は製糖工場として建てられた工場で1903年にビールの生産が始まった歴史あるビール工場。最寄り駅が「サッポロビール庭園」という地元にも愛されたビール工場を楽しめるのは札幌しかありません。広大な工場敷地の中にはビオトープ園やビール博物館もあり、一日中居ても飽きることがありません。まるで美術館のような見学スペースは老若男女問わず、楽しんで学べるように設計されています。ビール工場では作りたての「サッポロ黒ラベル」を味わうことができます。貸切バスであれば、参加者全員がお酒を嗜むことができます。
本場ドイツビールを楽しもう!「小樽ビール銭函醸造所」
札幌駅からも近く、本格的なドイツビールが味わえる「小樽ビール銭函醸造所」。小樽の美味しい水で作られた本格的なクラフトビールには地元札幌人にもファンが多く、時間をかけてじっくりと焼き上げたドイツ料理「LEIBSPEISE(ライプシュパイゼ)」と共に愛されています。「小樽ビール銭函醸造所」では季節限定のビールの試飲や手作りビール体験などを楽しむことができます。他にはない食事コース(ドイツ料理と小樽ビール20杯)も用意されており、北海道の名所でもある小樽運河の倉庫でも小樽ビールを楽しむことができます。貸切バスであれば、どんなに酔っ払っても帰りに影響することはありません。貸切バスは札幌駅から直接小樽ビールに向かうことができるので、移動時間を短縮することができます。
北海道初の酒造を楽しもう!「千歳鶴酒ミュージアム」
札幌は定山渓や豊平川などの自然に囲まれており、長年ろ過された美味しい伏流水や地下水が豊富な街でもあります。その美味しい水を利用して作られた北海道初の日本酒が「千歳鶴」です。そんな「千歳鶴」の仕込み水や酒粕送付とクリームなどが味わえる「千歳鶴酒ミュージアム」は創業の歴史や酒蔵について、楽しく学ぶことができます。札幌市内にあるため、日帰り旅行の貸切バスツアーの目的地として最適です。
小樽の地酒「田中酒造」
札幌市からも程近い小樽。ここでも地酒を味わうことができます。約10〜15種類の日本酒を試飲できる「田中酒造」の本店は1927年に建造され、歴史的建造物としても価値の高い酒蔵でもあります。当時の店内を復元しており、昔ながらの酒蔵の雰囲気を楽しみながら、小樽の地酒を味わう音ができます。日本酒以外にも梅酒や焼酎、しそリキュール、季節限定のお酒なども楽しめます。特に見学に訪れた人に人気が本店でしか味わえない本店限定酒や生原酒です。貸切バスで小樽のビール工場に訪れた後に立ち寄るのも良いのではないでしょうか。いくらお酒を飲んでも移動に困らないのが貸切バスのメリットです。