一度は行きたい、人気の隠れ家カフェおすすめ5店 | 貸切バスのバスネゴ

貸切バスで巡る沖縄特集!!貸切バスで行く
沖縄本島のテーマパークなど TOP5

沖縄といえば、透明度の高い海と温暖な気候。どうせ行くなら、沖縄でしか味わえない隠れ家的なカフェを訪れたいものです。貸切バスは空港から目的地まで直行できる優れた移動手段です。休憩地、休憩時間も好きに設定できるので、普段の旅行ではできない沖縄の隠れ家カフェ巡りもおすすめです。今回は沖縄で人気の隠れ家カフェをご紹介いたします。

新鮮なハーブを楽しもう!「カフェくるくま」
沖縄本島南部の高台に位置し、透明度の高い海を一望できる『カフェくるくま』。ハーブをたくさん使った料理や、レモングラスティー、ハイビスカスドリンクなどのハーブティも楽しむことができます。肝臓機能強化の効能があるうっちん茶、ココナッツミルクの風味が香ばしい「くるくまぜんざい」などのスイーツも取り揃えられています。シェフはタイ出身で、本格的なタイ料理も味わうことができます。貸切バスでの移動中の休憩やランチとして、立ち寄るのも良いかもしれません。
まさに青空食堂!?「黒糖工房・青空喫茶 八風畑」
同じく、沖縄本島南部にある『黒糖工房・青空喫茶 八風畑』。敷地内で栽培されている黒糖を使った絶品スイーツやランチを味わうことができます。テラス席は自然溢れる庭に椅子とテーブルを置いただけなので、青空と透き通った海を一望しながら、美味しい料理を楽しむことができます。那覇市内からも近いため、本格的に沖縄観光をする前に貸切バスで訪れるのも良いかもしれません。
沖縄のサンセットはここで決まり!「トランジット カフェ」
沖縄県中部に位置する北谷町にある『トランジット カフェ』。沖縄の西海岸を一望できるテラスが人気です。特にサンセットタイムは沖縄の綺麗な海に沈む夕陽を眺めながら、ブレイクタイムを楽しむことができます。沖縄中部、北部に貸切バスで行く際にはぜひ立ち寄りたい隠れ家カフェです。お酒も嗜むことでもできるカフェなので、貸切バスの休憩地としては最適です。
海カフェブールの火付け役!「浜辺の茶屋」
お店の名前の通り、窓際のカウンター席のすぐそこには透明度の高い海が広がっているという隠れ家カフェ『浜辺の茶屋』。海カフェブームの火付け役となった『浜辺の茶屋』は満潮、干潮それぞれ異なる海の景色を味わえるとあって、人気の高いカフェです。満潮時に訪れると、綺麗な海に手が届くほど満面の景色を楽しむことができます。朝ご飯と朝庭ヨガイベントなども開催している独特のカフェでもあります。貸切バスは移動が楽ですが、身体がなまりやすくなります。なまった身体をほぐすために朝に訪れるのもおすすめです。
女性に人気のヘルシーメニュー「Ploughmans Lunch Bakery」
焼きたてパンと美味しい野菜が存分に味わえるランチで人気の高いカフェ『Ploughmans Lunch Bakery』。おすすめはイギリスの農夫のランチである「プラウマンズランチ」。カフェの食事らしいワンプレートランチなので、女性の方に人気です。朝のサンドセットには人参とトマトのポタージュ付きでヘルシーなメニューとなっています。朝早く那覇空港に着いた際には貸切バスの休憩地として、訪れてみるのはいかがでしょうか。