貸切バスは気候変化にも強い? | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

貸切バスの達人が教える貸切バスは気候変化にも強い?

貸切バスの達人
貸切バスは気候変化にも強い交通手段です。せっかくの旅行で天候が悪くなることは望ましくありませんが、こればかりはどうにもなりません。例え天候が悪くなったとしても最低限のリカバリーはしたいものです。そこでオススメしたいのが貸切バスの利用です。今回は貸切バスがなぜ気候に強いのかご説明いたします。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント1 気候が変わりやすい時期は天候が不安定

天気

季節の変わり目などは天候が変わりやすく、せっかくの旅行が台無しになることがあります。公共交通機関の遅れや運行中止などのトラブルに巻き込まれることも珍しくありません。しかし、貸切バスであれば、多少の遅延はするものの、天候や気候に左右されることなく、必ず実行することができます。貸切バスのドライバーは悪天候にも安全に走行できる熟練の方ばかりです。そのため、急な雨や雪でも貸切バスなら多少の遅延はあったとしても大幅に遅れることはありません。仮に交通状況により、到着が大幅に遅れたとしても追加料金は発生しません。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント2 車内は常に快適な空間になっている

貸切バスの車内は外の気温や気候にも左右されないように常に快適に維持されています。しかし、気候の変わり目は寒暖の差が激しく、地域によっても気温の差が大きくなることも珍しくありません。出発地は暖かくても到着した目的地は10度以上違うなんてこともあります。そのため、目的地で体調を崩す方も出てきてしまいます。貸切バスツアーの前日には出発地と目的地の気温や天候や気候などを確認して、それに見合った服装を心がけるようにしましょう。特に夏の大人数の貸切バスでは冷房が低めに設定されている場合が多いようです。女性の方はタオルケットなどを持参するか、貸切バス会社にレンタルをお願いするよう、幹事に伝えるようにしましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント3 雨具は必須の持ち物

雨具

出発地も目的地も気候や気温も変わらず、天気が安定していたとしても必ず折りたたみ傘やカッパなどの雨具は持っていくようにしましょう。特に山岳地帯では天気がとても変わりやすく、急な雨や雪、雹などに出くわすこともあります。また、目的地までは貸切バス内で過ごせるので問題ありませんが、目的地の観光巡りは徒歩がほとんどです。急な天候や気候の変化にもすぐに対応できるように雨具は必ず持つようにしましょう。

貸切バスの達人になるまでのチェックポイント4 貸切バスツアーのおすすめシーズンはいつ?

貸切バスは一年中利用できる便利な交通手段です。お客様の細かい要望まで聞いてくれるので、幹事の負担を軽減する、良い思い出作りの立役者となってくれます。しかし、先ほどから伝えているように天候や気候変動はどうしようもありません。そこで貸切バスで旅行する際は天候や気候変動が少ないシーズンにしたいと思うのは至極当然です。では貸切バスツアーや旅行のシーズンはいつなのでしょうか。狙い目は秋です。秋は天候や気候も安定する傾向にあり、飽きの味覚を楽しめる絶好のシーズンです。しかし、その反面、貸切バスの繁忙期でもあるので、秋に貸切バスを利用する場合は早めに予約しておくと良いでしょう。