貸切バスの料金の出し方(相場)とは? | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

貸切バスの達人に訊く!貸切バスの料金の出し方(相場)とは?

貸切バスの達人、教えて!
貸切バスの料金はどうやって決められているの?
貸切バスの達人
貸切バスの料金は各バス会社が地域の運輸局へ事前に届け出を出すことで決まります。バス会社ごとに料金の差はあるものの安全性を確保できないような極端な料金で提供されることはありません。
詳しくは新しい料金制度についてをご覧ください。
貸切バスの達人、教えて!
料金の差はどうして生まれるの?
貸切バスの達人
バス会社によって料金算定方法が違うからです。距離と料金、その他の条件を加味して、各バス会社ごとに様々な料金形態で見積もりを出しているため、料金の差が発生します。価格や装備などを比較して自分たちの条件とマッチングする車両をお選びください。
貸切バスの達人、教えて!
上手に利用するために押さえておくポイントはあるの?
貸切バスの達人
貸切バスの料金算出には1.貸切バスの車種、2.シーズナリティ(季節性)、3.曜日、4.利用時間・距離、5.装備の5つのポイントがあります。

貸切バスの達人秘伝の書 1貸切バスの車種

貸切バスの種類で料金は変わります。料金の高い順番に並べると、
大型サロンバス>大型バス>中型サロンバス>中型バス>小型バス>マイクロバス>ミニバス
となります。
また、同じタイプでもトイレの有無、リフト付き車両(福祉対応車)設備の多さ、乗務員の数、バスガイドの有無、バス自体のグレードなどで 料金に若干の差が出てきます。

貸切バスの達人秘伝の書 2シーズナリティ(季節性)

シーズンや月ごとに、貸切バスの料金が変動します。 繁忙シーズンと閑散シーズンとでは、1日における料金で、約2万〜4万円(※東京23区内出発で、貸切バスを利用した場合)の差があります。
修学旅行や遠足でバスが頻繁に動く5月下旬〜6月下旬、7月中旬〜11月下旬は割高です。逆に、その時期を外せば比較的手頃に利用できます。
繁忙期と通常期は、以下の表の通りです。

貸切バスの達人秘伝の書 3曜日

貸切バスの料金は、曜日によっても変わります。
大きく区分すると、平日、土曜日/日曜日/祝日で変動します。平日を基本料金とすると、土曜、日曜、祝日は20〜30%の割増しになる場合が一般的です。 1週間を料金の高い順番に並べると、
日曜>土曜>金曜>木曜>火曜>月曜、水曜
となります。

貸切バスの達人秘伝の書 4利用時間・距離

貸切バス会社は通常、8時間〜9時間が1日の料金表示となっています。しかし、短い時間での送迎やピストン運行など用途によりバス会社ごとに定める様々な料金形態がありますので、バスネゴによる一括見積もりが非常に便利です。
そのほか、貸切バスは走行距離でも料金が大幅に変わってきます。1日の走行距離が200キロメートル〜300キロメートルが目安となる基本料金ですが、それ以上の距離を走ると割増しになります。これは、貸切バスの料金が、距離と時間の併用運賃を採用している事が解ります。
また、深夜の移動や16時間を超える場合、走行距離が長い場合はドライバーが2名以上必要となる場合があり、料金も割高になります。 バスネゴの一括見積もりで、貸切バス会社への交渉を利用し、条件の合う貸切バスを見つけて下さい。

貸切バスの達人秘伝の書 5装備

貸切バスは特殊装備の有無で、料金も異なります。
代表的な例が、福祉対応車両(リフト付き)やスーパーハイデッカー(中二階)、サロン付き車両が特殊装備にあたります。
各バス会社によって、値段設定が異なりますので、一括見積機能と交渉の機能を使っていただき、ジャストフィットする貸切バスをお探し下さい。
詳しくは車内装備についてをご覧ください。

この5つのポイントを押さえることでより、かしこくリーズナブルに貸切バスを利用することができますので、是非ご参考にしてみてください。