外国人向けの研修に貸切バスがおすすめな理由 | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

旅行に使える貸切バス外国人向けの研修に貸切バスがおすすめな理由

小旅行やツアーなどに最適といわれている貸切バスですが、研修での利用が人気ということはご存知でしょうか。新人研修や役職研修など、用途に合わせて自由にプランを組めるだけでなく、費用面でもメリットがあります。今回は日本法人をもつ外資系企業が貸切バスを利用するメリットについて、ご紹介したいと思います。

空港などに集合場所を自由に設定できる
貸切バス 空港
日本法人を持つ海外本社の幹部の方を招く場合、貸切バスを利用するとメリットがあります。当然ですが、外国人は日本人と比べて、日本の土地勘を持っていません。そのため、電車といった公共交通機関でさえもスムーズに移動することが困難です。しかし、貸切バスでは集合場所を空港ターミナルに設定することができるため、VIP送迎として利用することができます。海外本社の方は現地視察といった研修が多いため、複数の視察現場を周ります。そのため、場所や時間を自由に設定できる貸切バスは特におすすめです。
観光旅行も兼ねることができる
貸切バス観光
海外の本社の方を日本に招き、全ての研修を終えた後は日本を観光するという接待も珍しくありません。貸切バスは小旅行やツアーなどにはおすすめの手段です。そのため、研修が終わった後に観光地や飲食店などへ向かう交通手段としても利用することができます。研修地以外の少し遠めの観光地を目的地として設定することができるため、限られた滞在時間を有効に利用することができます。
日本の良さを伝えるツールにもなる
日本は世界にも類を見ない安全と安心を保証する先進国です。また、日本が前面に押し出している「おもてなしの精神」は貸切バスにも多くみられます。プロのドライバーが決められたルートを時間通りに走る技術は日本の素晴らしさを存分にアピールすることができます。また、他の交通手段や旅行の保険は所有者負担となるケースがほとんどですが、貸切バスでは乗車するお客様全員に保険付与されます。これは安心・安全を徹底する貸切バスだからこそできるサービスでもあります。
海外本社と現地法人の距離が縮まる
貸切バスの車内はプライベートの空間が担保されています。そのため、なかなか話すことができない企業秘密や業務内容を周りに気を遣うことなく、議論することができます。また、研修地へ向かう前のアイスブレイクとしても利用することが可能です。海外本社の人間と現地法人の人間の円滑なコミュニケーションや良好な人間関係はビジネスを行うために欠かせないものです。貸切バスではそういった良好な関係の構築にも一役買ってくれます。