自治会の研修にもおすすめな貸切バス | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

旅行に使える貸切バス自治会の研修にもおすすめな貸切バス

企業と異なり、国民の税金で運用されている地方自治体にとって、低予算・高パフォーマンスである貸切バスはありがたい存在です。特に自治体では職員のスキルを向上させるために研修を多く実施している自治体も多いため、研修費用は総務担当者にとって頭の痛い問題でもあります。そんな自治体に対して、なぜ貸切バスがおすすめなのかをご説明いたします。

納税者への説明がしやすい
貸切バス 自治会
国民の税金を使用しているため、一般企業に比べてコスト意識が高いのが自治体です。最近の貸切バス会社は研修会場への移動だけでなく、宿泊や研修会場、食事などを一手に引き受け、個別で手配するよりも費用が大幅に下がるプランを提供しています。そのため、税金の使用使途説明でも徹底したコスト削減の意思が納税者に正確に伝わりやすいというメリットがあります。自家用バスを保有している自治体も存在しますが、使用頻度や使用方法に見合わない購入として、指摘されるリスクもあります。貸切バスはそういったリスクを抑えるだけでなく、職員それぞれに交通費を支給するよりもコストが低いため、おすすめです。
安心・安全に利用できる
安心
貸切バスはプロのドライバーが責任を持って、研修会場まで送迎してくれるため、職員の安全が保証されます。また、渋滞や悪天候による交通トラブルにあっても団体行動のため、職員によって研修内容にムラが起きるという事態も回避できます。
視察でも有効に使用できる
貸切バスは自治体同士の交流や視察にも低コストで幅広いスケジュールを設定することが可能です。地域の住人や生産者などのヒアリング数の多さは一般企業と比較になりません。視察をスムーズに進行するためにも僅かな距離を迅速に移動する必要があります。貸切バスは依頼主が独占で借りることができ、依頼主のスケジュールにあったプランニングが可能です。そのため、視察活動の移動手段として、貸切バスは費用以上のメリットがあります。
荷物運びも楽になる
自治体で行う研修や視察は膨大な資料やメモ、また視察先での生産物サンプルの持ち帰りなど荷物が多くなることが少なくありません。貸切バスは大人数を運搬する目的で設計されているため、例え荷物が多くなったとしても対応することができます。視察活動や研修先が複数ある場合、移動回数が多くなっても荷物を貸切バス内に置くことができるため、スムーズに視察や研修を行うことができます。貸切バスは事前に運行スケジュールを渡しておくだけで、運行ルートを周ってくれます。そのため、次の視察や研修先を常にチェックする必要がなく、本来の業務に集中することができます。