貸切バスでの修学旅行おすすめルート【沖縄編】 | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

旅行に使える貸切バス貸切バスでの修学旅行おすすめルート【沖縄編】

琉球王国でも有名な沖縄県は日本列島の中でも最南端に位置する県です。独自の気候と文化が特徴的な沖縄県は第二次世界大戦の悲劇の島として語られ続け、平和の大切さと命の尊さを学ぶに相応しい土地でもあります。特に本国の学校が修学旅行先として訪れることも多く、見学地が沖縄全土に存在しているため、貸切バスを利用することが多い県でもあります。今回は修学旅行の見学地として一度は訪れていただきたい沖縄のスポットをご紹介いたします。

世界文化遺産「城跡」
貸切バス 城跡
沖縄の歴史を学ぶのに訪れるべき場所が世界遺産でもある「城跡」です。琉球王国の象徴でもある首里城跡や琉球王国が統一される前に作られた今帰仁城跡(なきじんじょうあと)、西海岸を一望できる座喜味城跡(ざきみじょうあと)、琉球統一という野望を持った阿麻和利が移住したことで有名な勝連城跡(かつれんじょうあと)など城(グスク)の一つは修学旅行で必ず訪れたいスポットです。このグスクは沖縄全土に散らばっています。沖縄にはモノレールができたものの、アクセスは車に限られる地域もまだたくさんあります。そのため、グスクを訪れる交通手段として貸切バスを利用することがおすすめです。
ひめゆりの塔、平和祈念資料館
貸切バス ひめゆりの塔
年間約60万人が平和学習、慰霊、観光で訪れる沖縄の代表的なスポットです。沖縄戦で亡くなってしまったひめゆり学徒・教師の鎮魂碑があります。戦争の悲惨さや命の大切さを学ぶに相応しい見学地であるため、全国の修学旅行生が訪れます。平和祈念資料館ではひめゆりの戦場や生存者の証言によって作られた展示室や資料は生々しく、戦争や平和について考える機会を与えてくれます。ひめゆりの塔は沖縄南部にあるため、修学旅行のような団体で訪れるためには貸切バスが必須となります。
沖縄美ら海水族館
世界遺産の城(グスク)やひめゆりの塔で沖縄の歴史や平和について学んだ後に訪れたいのが沖縄美ら海水族館です。1階から2階までを大きく貫く黒潮の海の大水槽は世界最大級。そこを泳ぐジンベイザメやマンタ、マグロは修学旅行に忘れられない思い出を与えてくれます。黒潮の海、熱帯魚の海、サンゴの海、深層の海など沖縄の海に生息する海の生物を思う存分楽しむことができます。また、沖縄美ら海水族館に隣接するカフェやお土産ショップでは沖縄でしか食べられない食事やスイーツを味わうことができます。沖縄美ら海水族館も沖縄の最南端に位置するため、修学旅行などは貸切バスを使用するのが定番となっています。限られた時間を有効活用するためにもぜひ貸切バスを使用するようにしましょう。