修学旅行で貸切バスを利用するメリット | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

旅行に使える貸切バス修学旅行で貸切バスを利用するメリット

高校生までの楽しみといえば、修学旅行です。しかし、先生にとっては修学旅行は大勢の生徒さんを牽引し、観光地や見学先へ訪れることは大変な負担となり、公共交通機関での改札口通過でさえも大仕事になってしまう可能性があります。そこで修学旅行に相応しい移動手段として貸切バスがあります。今回は修学旅行で貸切バスを使用するメリットをご説明したいと思います。

他の乗客とトラブルにならない
貸切バスで修学旅行
当然ですが、修学旅行は団体で行動するため、公共交通機関を利用する他のお客様とトラブルになるリスクが高くなります。駅のホームでの待機や改札口の通過を許容できないお客様も少なくありません。また、生徒同士のおしゃべりも周りの人にとっては騒音となります。暴力事件への発展までとはいきませんが、ちょっとしたトラブルや印象の悪さが学校のイメージダウンにも繋がりかねません。しかし、貸切バスでは車内が完全にプライベートであるため、周りのお客様に迷惑をかけることもありません。集合場所を自由に設定できるため、人通りの少ない場所での乗降者が可能です。また、バスの乗り入れ時に生徒の出席を確認しやすいといったメリットもあります。
車内で勉強ができる
貸切バス車内で勉強
修学旅行で貸切バスを利用する場合はビデオモニターが付属している大型貸切バスがおすすめです。DVDやマイクを使って、見学先の説明や注意事項、課題などを共有することができます。受験を控えた高校3年生のときに修学旅行を実施する学校もあります。各座席には簡易テーブルが付属しているため、移動時間中に受験勉強を行うこともできます。
学生割引が多い
修学旅行は貸切バスを利用する機会が多いため、各貸切バス会社は顧客争奪戦を繰り広げています。そのため、学割を実施している会社も多く、修学旅行の費用を節約することもできます。
安全な運行体制が確立されている
平成24年度に起きた高速ツアーバス事故を受け、政府は徹底した安全管理を貸切バス会社に義務付けました。そのため、貸切バス料金が従来よりも値上がりしてしまい、修学旅行費用が従来予定していたよりも増えてしまう事態がおきました。この措置はご家庭への負担も大きいですが、大切なお子様の安全を守るための当然の措置として理解する必要があります。愛媛県では修学旅行の経費が増えたことに対処するため、貸切バス利用料金の増額分の半分を補充する制度を実施しました。今後も安全管理の徹底を行う代わりに国や自治体から補助金が拠出される可能性があります。その他の公共交通機関よりも安全が徹底されているため、保護者の方も安心して修学旅行へ送り出すことができます。