北海道に来たら、市場に行くべき!?札幌のおすすめ市場 | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

貸切バスで巡る札幌・北海道特集!!北海道に来たら、市場に行くべき!?札幌のおすすめ市場

北海道といえば、周りを日本海、太平洋、オホーツク海に囲まれており、いつでも新鮮な魚介類を堪能できる魅力があります。北海道の札幌市は内陸にあるため、新鮮な魚介類を味わうことができないと思う方も多いかもしれませんが、札幌市内にも新鮮な魚介類を扱う市場があるのをご存知でしょうか。今回は札幌市内にあるおすすめの市場をご紹介いたします。

近くても遠くても市場巡りは貸切バスが一番!
貸切バス
北海道の新鮮な海鮮や食材を扱った市場を巡るのであれば、貸切バスがおすすめです。理由は市場の営業時間です。市場は朝の6時から営業しており、人気のある食材は早くに売切れてしまいます。公共交通機関も利用できますが、始発のものに乗る必要があります。しかし、貸切バスであれば、市場に直行できるため、極端に早い時間に向かう必要もありません。貸切バス車内は完全なプライベート空間でもあるため、市場に着くまでは車内で仮眠を取ることもできます。
北海道中から新鮮な食材が集まる「札幌市中央卸売市場」
北海道の全ての産地から新鮮な魚介類や野菜、果物が集まる「札幌市中央卸売市場」。札幌市中央卸売市場は卸業者や店舗経営されている方を対象としている市場ですが、隣接する「札幌市中央卸売市場 場外市場」では一般の方も購入することができます。周辺には新鮮な食材を使用した寿司店などの飲食店もあり、リーズナブルな値段で新鮮な食材を入手することができます。人気の食材はすぐに売切れてしまうので早朝に向かう必要がありますが、貸切バスであれば、どんな時間にも対応してくれるのでおすすめです。
札幌市内で蟹を手に入れるならココ!「海鮮市場 北のグルメ」
北海道の海鮮を味わうのであれば、水揚げされたばかりの蟹は外すことができません。札幌市内で多種多様の蟹を販売しているのが、ここ「海鮮市場 北のグルメ」です。蟹の王様のタラバガニから一年中味わうことができる毛蟹、さっぱりとした味わいが特徴な北海マツバ蟹などを購入することができます。その他、鮭や本まぐろ、イクラやウニ、イカなど鮮度が命といえる海鮮を購入することができます。貸切バスであれば、好きな時間や自由時間などに訪れることができます。広いトランクルームがあるため、帰りを気にすることがなく、お土産の食材を購入することができます。
札幌市外から歩いていける??「札幌二条市場」
貸切バスやその他の交通機関を利用することなく、訪れることができる「札幌二条市場」。名観光スポットでもある大通公園から徒歩5分で行けるお手軽さから多くの観光客に人気の市場となっています。明治時代から続く歴史ある市場で、約50軒以上の店舗が軒を連ねています。オススメは隣接する「のれん横丁」新鮮な海鮮料理と熱々の熱燗を味わえるとあって、休日になると観光客や地元民で賑わいます。市場自体は18時に閉まってしまいますが、のれん横丁は朝から夜遅くまでやっているので、おすすめです。ホテルの朝食を抜いて、朝から豪華な海鮮モーニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。
北一硝子三号館 (旧木村倉庫)
北海道小樽市が指定する歴史的建造物としても有名な『北一硝子三号館 (旧木村倉庫)』。洋、和、カントリーの3フロアに分かれていて、それぞれのテーマのガラス細工を楽しむことができます。お土産として購入する観光客も多く、貸切バスで一通り観光を済ましたら、ぜひ訪れたいスポットでもあります。