貸切バスで行く札幌観光の勧め | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

貸切バスで巡る札幌・北海道特集!!貸切バスで行く札幌観光の勧め

広大な土地から採れる台地の恵み、新鮮な海の幸を楽しめる雪国の観光都市、北海道の札幌。冬は雪祭り、夏は涼しい気候が高い人気を誇る観光都市です。今回はそんな北海道・札幌を楽しめる貸切バスの勧めをご紹介いたします。

広大な土地をスムーズに巡る
北海道
北海道は83,450 km2という圧倒的な広さを持つ県です。そのため、札幌周辺を観光する場合でも移動に時間がかかってしまうことは珍しくありません。また、秋から春先にかけては雪が降ることも多く、思った以上に移動が負担となってしまいます。貸切バスであれば、主要な空港や駅などから直接観光地まで出向くことができます。土地勘を持ったベテランのドライバーが運転を担当するため、安全・安心の観光を楽しむことができます。
複雑な乗り換えが必要ない
貸切バス
札幌市内のみの観光をする小旅行の場合、貸切バスだと移動がスムーズのため、札幌市内の多くの観光スポットを巡ることができます。また、札幌近郊にもモエレ沼公園や淡水魚水族館 千歳サケのふるさと館などの観光スポットが多数存在します。しかし、札幌近郊とはいえ、観光スポットまでは交通機関の複雑な乗り換えが必要となってしまいます。しかし、貸切バスであれば、観光スポットから次の観光スポットまで貯槽のため、乗り換えなどの待ち時間を必要としません。
貸切バスの車内は完全なプライベート空間
北海道・札幌市までは千歳空港や新幹線を利用することがほとんどです。特に航空機のエコノミーの場合、席も狭く、搭乗手続きも長時間かかることから疲労がたまりやすくなります。貸切バスであれば、空港から乗り入れが可能なだけでなく、貸切バスの車内は完全なプライベート空間となっています。そのため、車内で仮眠を取ることもできます。貸切バスの中には後部座席を向かい合わせにし、宴会を楽しめるサロンバスやビールサーバー付きの貸切バスも選ぶことができます。旅行のスケジュールや参加者のお好みに合わせて、快適な車種を選択できるのも魅力の一つです。また、運悪く天候が悪い場合でも貸切バス車内は快適な温度に保たれています。
重い荷物もラクラク
北海道といえば、スノーボードやスキーといったウィンタースポーツです。札幌市周辺にも札幌藻岩山スキー場やフッズスノーエリアスキー場などがあり、札幌観光をした後もウィンタースポーツを楽しむことができます。しかし、ウィンタースポーツとなると普段の防寒着以外にもスキーウェアや、スキー用具、スノーボードなど荷物の運搬が大変です。北海道の天候は一年の大半が雪です。雪や吹雪など天候が変わりやすい北海道では、繰り返し荷物を乗り入れするのも大変です。貸切バスであれば、千歳空港や札幌駅などから一度乗れば、目的地まで一直線です。そのため、荷物も出し入れも最小限に留められるほか、貸切バスを旅行期間中チャーターしておけば、必要な時以外は貸切バス内のトランクルームに預けておくこともできます。トランクルームはとても広いため、スノーボードやお土産なども十分に格納することもできます。