貸切バスで巡りたい沖縄の旧跡や戦場の跡地など TOP5 | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

貸切バスで巡る沖縄特集!!貸切バスで巡りたい沖縄の旧跡や戦場の跡地など TOP5

沖縄には琉球王国をはじめ、第二次世界大戦の大きな戦場の爪跡を観ることができます。今回は貸切バスで巡ってみたい沖縄の旧跡や戦場の跡地について、ご紹介したいと思います。

首里城正殿
首里城正殿
世界文化遺産にも登録されている『首里城』。那覇市内を一望できる広大な国営公園は人気の観光スポットとなっています。紅い外壁が特徴的な琉球王国の象徴である首里城は14世紀末から約450年間栄えたといわれています。那覇空港からもバスで約40分という良好なアクセスも人気です。空港から貸切バスで乗り入れて、すぐに向かうことができるので、沖縄での貸切バスツアーにはぜひとも入れたい観光スポットです。
斎場御嶽
斎場御嶽
こちらも世界文化遺産として登録されている歴史ある観光スポット『斎場御嶽』。琉球最高の聖地として知られ、神アマミキヨによって作られたという伝説が今も伝わる七御嶽のひとつです。見所はやはり2枚の岩から成り立つ拝所です。歴代の琉球国王が通ったともされる神聖な場所で、人気の観光スポットでもあります。斎場御嶽は沖縄本島南部に位置し、長距離の移動になるため、移動は貸切バスがおすすめです。
今帰仁城跡
今帰仁城跡
琉球王国統一前の三山時代の北山王の主城跡で有名な『今帰仁城跡』。海に続くような場内の道が人気で城壁跡からは綺麗な沖縄の北の海を眺めることができます。1月下旬から2月上旬まではモモの花が開花するため、一層華やかな景色を楽しめます。沖縄北部に位置するので、那覇空港から貸切バスで向かうと便利です。
平和祈念公園
平和祈念公園
沖縄戦の最大の激戦地としても有名な『平和祈念公園』。別名を沖縄戦跡国定公園といいます。南から侵攻する米軍を避けるため、避難する住民と食い止めようとする日本軍が入り乱れることで最大の惨事に発展したことでも有名です。国籍、官民関係なく、沖縄で亡くなった人全員の名前が記されている平和の礎は沖縄を訪れた際にはぜひ訪れるべきスポットです。平和記念公園は沖縄本土の南に位置します。移動には長時間かかるため、貸切バスの利用がおすすめです。
ひめゆりの塔
ひめゆりの塔
沖縄戦末期に亡くなったひめゆり学徒と教師の魂を鎮めるための慰霊碑がある沖縄を代表する戦争の跡地『ひめゆりの塔』。隣接するひめゆり平和祈念資料館では当時の戦争状況や遺物などが正確に再現されており、戦争の悲惨さを学ぶことができます。平和記念公園にも近いため、沖縄観光をする際には貸切バスを利用して、両方とも訪れることをお勧めいたします。