福岡県は遺跡がいっぱい!?貸切バスで行く遺跡観光ツアー | 貸切バスのバスネゴ

簡単入力30秒!!WEBから無料見積り

貸切バスで巡る福岡特集!!福岡県は遺跡がいっぱい!?貸切バスで行く遺跡観光ツアー

福岡県は縄文時代や弥生時代の遺跡が多数存在しています。平安時代には学問の神様として祀られている菅原道真が左遷された地としても有名で、寺院や神社も多数建立されています。また、朝鮮半島も近く、激動の歴史を刻み続けた土地でもあります。今回は貸切バスで巡りたい福岡県の遺跡について、ご紹介いたします。

日本初!?米作りが行われた「板付遺跡」
板付遺跡
板付遺跡は弥生時代に日本で初めて稲作作りがされたといわれている福岡県を代表する遺跡の一つです。閑静な住宅街の中心に当時の竪穴住居や水田などを再現しており、見応えたっぷりの遺跡です。福岡市博多区内にあるので、貸切バスの博多観光の一環として、訪れてみてはいかがでしょうか。
古代外交の拠点!「太宰府天満宮」
太宰府天満宮
白鳳時代から平安時代までの約600年間、軍事・内政・外交の三権が集中したといわれる太宰府。国際都市として発展しただけでなく、白村江の戦いや元寇の襲来を防ぐ水城としての役割もありました。古代日本の重要な防衛ラインとして、その役目を担ってきた歴史があります。そのため、福岡県を代表する古代遺跡として人気があります。遺跡がある敷地もとても広く、天気が良い日にはピクニック感覚で遺跡を巡ることができます。都市部からのアクセスはあまり良くないため、スムージに移動ができる貸切バスがおすすめです。
国指定史跡のひとつ「平塚川添遺跡」
筑後市には国指定史跡として登録されている多重環濠集落跡「平塚川添遺跡」があります。ここでは農作物を害虫や湿気から守るために建てられたといわれる高床式倉庫を見学することができます。その他、銅鏡や管玉などの宝飾品や木器や礎板などの農作用具が出土した日本有数の弥生時代の遺跡です。邪馬台国時代の雰囲気を味わうには絶好の遺跡です。福岡空港から公共交通機関を利用すれば、すぐにアクセスできますが、空港から乗り入れが可能な貸切バスを利用すると移動時間の短縮が望めます。
ここにしかない共同墓地遺跡「金隈遺跡」
日本全国唯一ここ福岡県にしかない弥生時代の共同墓地遺跡である「金隈遺跡」。2基の石棺墓、348基の甕棺墓、119基の土壙墓と古代日本において、これだけの規模の墓地遺跡が見つかることが非常に稀であるため、希少価値が高い遺跡として、昭和47年にはすでに国指定史跡に指定されました。併設される金隈展示館には発掘された貴重な発掘品を観ることができます。貸切バス遺跡ツアーの目的地として取り入れたい遺跡の一つです。
十一面観音の聖地!?首羅山遺跡
日本中世とされる鎌倉時代に建立された中世山岳寺院の遺跡である「首羅山遺跡」。白山権現が乗っていた虎を恐れ、首を切り落とし、羅物に包んで埋葬したことから十一面観音が祀られたという伝承が伝わる寺院遺跡です。現在も調査が継続されており、年に1〜2回しか見学会が行われないといわれる幻の遺跡です。この見学会には福岡県内外から300人以上の見学者を訪れます。そのため、歴史好き、遺跡好きの方にとって、一度は訪れたい場所です。団体見学ツアーを企画する場合は大人数での移動がスムーズな貸切バスがおすすめです。